ジウィーピーク キャットクィジーン【ZiwiPeak】

「ジウィーピーク キャットクィジーン」ってどんなキャットフードなの?

 

「ジウィーピーク キャットクィジーン」というキャットフードは、ドックフードのラインもあって、そちらのほうがまだ浸透している感じみたいです。
でもこの猫用の「ジーウィーピーク キャットクィジーン」もかなりこだわりのあるフードなんですよね。
ここでは「ジーウィーピーク キャットクィジーン」の特徴を簡単に解説しますね。


「ジーウィーピーク キャットクィジーン」は今注目の、「グレインフリー」のキャットフードです。
元来猫は肉食動物で、鳥などを狩りをするかたちで暮らしてきました。
でもキャットフードの大半は、低価格にするために、穀物原料(グレイン)を大量に使ったものが多くなっています。
そんなフードを見直そうと、開発されたのが「グレインフリー」のキャットフード。
「ジーウィーピーク キャットクィジーン」も、お肉をメインにした、猫本来の食べ物として適したフードなんですね。

「ジーウィーピーク キャットクィジーン」の原材料は?

「ジーウィーピーク キャットクィジーン」は「グレインフリー」ということですが、実際に使われている原材料も気になるところですよね。
ここではその原材料が何かをチェックしてみましょう。

 

「ジーウィーピーク キャットクィジーン」の原材料表示

 

ビーフ生肉・ビーフレバー生肉・ビーフラング生肉・ビーフトライプ生肉・ニュージーランド緑イ貝・レシチン・イヌリン(チコリ由来)・乾燥海草・ビタミン類・ミネラル類・DL−メチオニン・タウリン・酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)

 

保証分析値; 粗タンパク質 34.0%以上・粗脂肪 28.0%以上・粗繊維 1.5%以下・粗灰分 8.0%以下・水分 15.0%以下
代謝カロリー;491kcal/100g  AAFCO推奨カロリー計算係数では404kcal/100g
フードのサイズ;約15mm×14mm
原産国; ニュージーランド

 

こうしてみてみると、かなりシンプルな原材料表示です。
おもに生肉が使われているので、猫本来の食事、という意味では適しているのかもしれませんね。

「ジーウィーピーク キャットクィジーン」の評判・口コミは?

「グレインフリー」で生肉をふんだんに使用した「ジーウィーピーク キャットクィジーン」ですが、実際の評判はどうなんでしょうか。
ここではその口コミや評判についてチェックしてみましょう。

 

  • 前にサンプルをいただいて試してみたところ、わりと好んで食べてくれたので、購入しましたがうちには合ってるみたいです
  • 穀物アレルギーがある猫なので、いろんなフードを試してみましたが、これに落ち着きました
  • 近くのお店で買ってたのですが取り扱いがなくなってしまい、ネットでしか買えなくなってしまったので助かりました
  • 腎不全になった猫に缶タイプを与えていますが、あまり食べてくれませんでした
  • うちの猫はカリカリは食べてくれな買ったんですが、缶のウエットタイプはかなり食いつきが良かったです
  • 缶タイプのものの塗装にも有害な物質がないので、安心して与えることができています
  • お値段が高いのがネックですが、安心して与えられるのはいいですね

 

アレルギーがある猫ちゃんや、病気の猫ちゃんがいるオーナーさんのご意見が多いようでした。
できるだけ元気で長生きしてほしいというのが、オーナーさんみなさんの願ですから、しっかりと品質や原材料をチェックして、猫ちゃんいぴったりなフードを与えていきたいですね。
いろいろお試しする前に、まずどんな内容なのか、しっかりと確認することをおススメします。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ