サイエンスダイエット

「サイエンス・ダイエット」ってどんなフード?

 

テレビのCMでも見かけたことがある人も多い「サイエンス・ダイエット」。
一般的な猫ちゃんのフードに比べると、ちょっとお高めなんですよね。
だけど、この「サイエンス・ダイエット」は、獣医さんや里親探しのボランティアさんから勧められることも多いんです。
では「サイエンス・ダイエット」とはどんなキャットフードなんでしょうか?


「サイエンス・ダイエット」には子猫用から成猫の年齢に応じたもの、シニア用、またちょっと太めの猫ちゃん用などがあるんです。
実際あげてみると、一般のキャットフードより量が少なくて済んでしまうので、フード自体がお高めでも、トータルで考えると長持ちするので意外にお値打ちなフードなんですね。
おしっこのペーハーバランスも管理できて、結石などの予防にも役立つフードです。
美味しさとともにカロリーオフで、健康バランスを保ってくれるキャットフードという感じですね。
猫が大好きな味を研究。独自の「極上うま味成分」配合レシピで、夢中になるおいしさを実現。

「サイエンス・ダイエット」の原材料はなにが使われてる?

CMでも見かけるし、信頼性のある人からも勧められる「サイエンス・ダイエット」ですが、実際にどんな原料が使われているのか、気になりますよね。
ここではその「サイエンス・ダイエット」に含まれている原材料について、詳しくチェックしてみましょう!

 

「サイエンス・ダイエット」の原材料

 

コーン・コーングルテン、チキンやターキーなどの鶏肉・まぐろ・お米・セルロース・ビートパルプ・グリンピース・動物性油脂・小麦・チキンエキス・ナトリウム、カリウム、カルシウム、クロライド、マンガン、鉄、亜鉛、銅、セレン、イオウ、ヨウ素などのミネラル類・ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ナイアシン、ベータカロテン、葉酸、ビオチン、パントテン酸、リンなどのビタミン類・メチオニン、タウリン、トリプトファン、リジンなどのアミノ酸類・カルニチン・ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール、緑茶抽出物などの酸化防止剤

 

とてもたくさんの成分が含まれているんですね。
ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、食物繊維もしっかりと含まれており、少量で満腹感が味わえるように工夫されています。
さらに適量のカルニチンを配合していたり、猫ちゃんの毛艶をキープするのに効果的なオメガ3と6脂肪酸も配合しています。

「サイエンス・ダイエット」の口コミ・評判は?

かわいい猫ちゃんの健康維持に役立つ「サイエンス・ダイエット」。
とはいえまだ与えたことがないオーナーさんは、お値段もちょっとお高めだし、どうかなぁ?と思っている方もいるのではないでしょうか。
ここでは「サイエンス・ダイエット」に関する口コミをまとめてみました!

 

  • 獣医さんに勧められて、与えるようになりましたが、肥満が解消されました
  • 里親のボランティアさんが持参してこれがいいといわれて与えていましたが、うちの子は太りませんね
  • お高いので一度別の安いフードに変えたとたん、尿結石に…すぐにサイエンスに戻しました
  • サイエンスをずっと与えてて、亡くなるときは心不全でした…病気で医療費がかかるより良かったのかも
  • 一般的なフードより高いですよね…ずっとあげるのはしんどいです
  • いろんな評判があって、まだこわくてちょっと与える気になれないです
  • 昔からプレミアムフードといえば「サイエンス・ダイエット」ですよね

 

賛否ありますが、猫ちゃんに合っていれば、たくさん食べなくていいので、意外とコスパがいいかもしれません。
お試しサイズからチャレンジするといいかも!

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ