キャットフードの安全って何だ?

キャットフードの安全って何なんでしょう?

 

安全なキャットフードとは言いますが、この安全なキャットフードとは一体何なのでしょうか?
食べて安全なのはもちろんなのですが、その判断って物凄く曖昧で難しいものだと思いませんか?
ココでは考えられる有りとあらゆる推測と定義を上げてみますね!

安全の種類って?

 

一言で安全と言っても様々な見方が出来ます。

 

食べて安全ということは管理や原料など広い意味で認識しなければなりません。
人が食べられるだけではなく、健康維持も出来るキャットフードが大事なんです。


一言で安全と言って幾つかの事が挙げられます。

  • 原料
  • 製造
  • 保存・保管
  • 添加物
  • アレルギー要素
  • 消化体質

こんな事が上げられ、様々な方向性から見ることが出来ます。

 

原料

自然食品が良いとか、新鮮なもの・猫が必要なタンパク質が大事で穀物は少なめが良いなど原料に拘ることはキャットフードを評価するのに一番重要な部分です。

製造

コレすごく重要で、ユーザーが見ることが出来ないと言う所がとても不安ですよね。缶詰・レトルトは完全殺菌食品ですので問題有りませんが、ドライフードは思いの外管理がズサンになりがちです。徹底して安全にコダワリたい時はメーカーが工場内をホームページなどで公開していますので見てみたほうが安心できます。基本的には不ドライフードの工場は臭いもキツイので一般には後悔してくれません。肉を乾燥させる施設ですから想像に難いですよね。

保存・保管

製造される前の原料の保管状態、商品完成後の保管状態と大量生産される商品になればなるほど、管理中のトラブルは大きくなります。
大量に作られるということは、検査(検品)が全量出来ずにカビなどが発生してし合ったとしても気が付かない場合も有るのです。

添加物

大量生産すればする程添加物に頼らなければなりません。それは長期保存をするためであったり、コストの削減であったり添加物は大量に作る大手にはとても便利な物なのです。悪いばかりでも有りません。長期保存に耐えられずに腐ってしまったキャットフードを食べてしまいよりはまだ添加物が使われて品質が保たれているものの方が安全と言えますからね。添加物も使い方が重要なのです。

アレルギー要素

実はコレ、時々大手良品店の商品にあまり良くないのではないか?と言う原料が使われていることが有ります。そもそも昔は犬猫のアレルギー何てそれ程有りませんでしたよね?いつしか市販のキャトフードばかりを与えられた猫さんもこう言ったアレルギーを出す事が多くなったんです。

消化体質

主に穀物です。安価な商品は原料から組み立てて値段が決まるのではなく、売価が決まっていて、それに合わせた原料決定と配合が決まります。そのため、製品のコスト削減に役立つ穀物がよく使われるのですが、猫さんは100%肉食ですので本当は穀物は要らないのです。猫さんには穀物を消化するのに適した消化器官を持ち合わせていないので、結石などの病気になりやすくなってしまうのですね。もちろん全く使ってはいけないわけではないのですが、その配合量と素材が重要になってくるのです。

食べて安全

 

食べて安心なキャットフードのポイントは情報がどれだけ開示されていて、その内容に対してどれだけ理解しているか?
もちろん開示されている情報が正しいということが大前提になりますが、安全なキャットフードを探すには飼い主も知識を付けなければいけないのです!


食べて安全ということは、菌のコントロールや製造管理がなされているのはもちろんですが、栄養バランスが整っていることも知っていなければなりません。
例えば、ウエットフードばかり食べていると栄養不足になってしまう事や、野菜ミックスのキャットフードは実はそれ程重要では無かったり、主食・おやつ・体調不良時など状況によって猫さんのご飯を使い分けることが出来る必要が有るのです。
こう言ったキャトフードに知識や健康管理の可否などが出来てこそ、猫ちゃんの安全なご飯を用意することが出来るのです。

作る安全

 

キャットフードを作っているのは大きな工場が大半です。この大量生産のリスクを知るべきです。
素材にこだわった商品も多い中、工場の衛生管理を売りにしているキャットフードは殆ど有りません。


 

そんな中レトルト商品や缶詰って実は衛生面では最高だって知っていましたか?
レトルト製法はパックの中に材料を入れ、その後にレトルト加熱で調理をします。
缶詰も同じですね、素材を入れて密閉した後に加熱して調理をするので、中身は完全に無菌状態になるのです。

 

だからこそ賞味期限が1年などになるのですが、実際には袋が破けなければ何年も無菌で要られます。
もちろん早く食べたほうが美味しいのですけどね。

 

問題はドライフードです。
ドライフードは機器の洗浄が殆どされていなと思います。
それでもドライフードを思い出して見てください、触ると粉っぽさと若干の水気を感じますよね?

 

このカスが機器にこびり着いて古く酸化してしまった物が入ってくる可能性が有るのです。
このドライフードの衛生管理は現場的にも本当に難しいのです。

 

安全なキャットフードを作るのって大変なんですよ。

 

続ける安全

 

続ける事って実はかなり大変なことで、猫ちゃんのために安心安全と思っていることを続けることは本当に手間も時間も掛かるものです。

 

体調管理から気分転換・ご飯にも飽きさせないような気遣いを、何年も続けなければいけません。


しかし猫さんは可愛いものです。

 

そんな猫さんのために掛ける手間はそれ程苦にはなりませんよね。

 

猫さんに上げるキャットフード、安全な物を与えるにはちゃんとポリシーを持っているショップやメーカーを見つけることが大事になるのです。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ