プレミアムキャットフードをすすめる理由

◆お高い「プレミアムフード」がいい「理由」って?

 

お値段だけを見ると、市販されている安価なキャットフードと、いわゆるプレミアムフードってびっくりするくらい差がありますよね。
激安のものと、最高級のプレミアムフードと比べると、数倍もする、なんてこともあります。
でもそれだけ値段に開きがあっても、プレミアムフードを指示しているオーナーさんがいるってことは、やはりそれなりの「理由」があるんですね。
実際私も猫を飼うまでは、猫にあげるご飯なんて、なんでもいいのかなと思っていましたし、正直猫が「肉食動物」だという認識すらなかったです…。
でも猫の本来の姿を学んでいくうちに、できるだけ健康に、長生きしてもらうには…と考えると、やはり「プレミアムフード」が適しているんだなと思うようになったんです。
「プレミアムフード」がいい理由は、一言でいうと「健康を守れる」から。
もちろん市販の安価なフードでも健康な子もいると思います。
でも最近では、猫もアレルギーの子がいたり、人間みたいに糖尿病なんかにかかる子もいます。
そういうリスクを下げるという意味で、毎日食べるものは、「安心安全」で「出所のはっきりした原材料」「たんぱく質メイン」などのこだわりがある「プレミアムフード」が適している、ということなんです。

 

◆猫本来の食べ物に近い、添加物も配慮した「プレミアムフード」

 

猫はもともと狩りをしてその小動物の肉を食べて暮らしてきた動物ですから、究極に猫のことを考えて食事を与えるとしたら、無添加、安全な餌を食べて育った「鶏肉」を与える、などと言う話になりますよね。
でもそういうお肉って、ヒトが食べるもののなかでも高級で、お値段もかなりお高め。
これを毎日猫ちゃんに与えるとなったら、どのくらいコストがかかるか?
ちょっと考えただけでも、非効率だってことが分かりますよね。
またこういうかたちで食事を与えたとしても、ほかに必要な栄養素、ビタミンやミネラルなどの配合を、素人がきちんと行ってご飯を上げるというのは、はっきり言って無理。
「プレミアムフード」はこういう部分まで総合的に配慮をして、それさえ与えていれば、猫が健康で生き生きと暮らすことができるように、作られているのです。
また昨今猫に肥満が多く、糖尿病などの病気にかかる子が多いのには、データはないものの、ヒトの場合、ごはんやパン、甘いものなど「糖質」を必要以上に摂りすぎることがおもな原因になっていることを考えると、そもそも食べる習慣がなかったトウモロコシなど「穀物原料」すなわち「糖質」を摂取することになる安価なキャットフードが、要因のひとつになっているという可能性は否定できないかもしれません。
ほとんどの「プレミアムフード」は、鶏肉や魚など、安心安全な「豊富なたんぱく質」をおもな原料に、その他のビタミンやミネラル分が適切に摂取できるように配合されているだけでなく、安価なキャットフードのように、むやみに食いつき良くしてたくさん食べるように計算せず、適量食べて、肥満にならず、筋肉や毛艶をきちんと保つように作られているのです。
猫は意外とあれこれ病気にかかることもあります。
病気になって病院に連れていくと、思いのほか高額な医療費がかかりますよね。
ですが「プレミアムフード」で普段から食事に留意しておくことで、結果的には健康で病院に行くコストはかからなかった、という場合もあるのです。
「プレミアムフード」を与えていたから必ずしも病気にならない、ということではないですが、猫の健康を考えて、品質もチェックしてきちんと食事を与えることが、大切な愛猫にとって一番必要なことではないでしょうか。

◆キャットフードって値段がピンキリだけど、それはなぜ?

 

猫を飼いだしたら、いろんなものを用意しますよね。
猫のトイレやトイレの砂、グルーミンググッズに、一番重要なのは「キャットフード」。
でもホームセンターやスーパーで売っているキャットフードだけでも、かなりの数の商品があって、値段も2キロあまりで数百円のものから、1キロで何千円もするものまであって、ほんとにピンキリです。
一匹の猫に与えるフードで、なぜこんなに極端に値段の差があるのでしょうか?
それは主にイカのようなことが理由。

 

  • 安価な原料で大量生産しているものと、原料から厳選して作られたものがある
  •  

  • 原料の安全性までこだわっているか否か
  •  

  • たんぱく質や穀類の比率など、原料の配合の違い
  •  

  • 添加物の量による違い

 

ざっと確認しただけでも、こだわりを持って、より安全な原料で作られているものが、高価になっているということで、これは納得できますね。
でもそれなら安いキャットフードは一概に良くないものなんでしょうか?

 

◆安いキャットフードを与えるとどうなるの?

 

一般に販売されている安価なキャットフードの原材料を確認すると、たいていのものが最初に「穀物原料」になっています。
「穀物原料」の具体的なものは、トウモロコシや小麦など。
特に危険なものという感じはしませんが、猫は本来小動物を捕獲して食べてきた「肉食動物」であり、穀物を食べて生きてきたわけではありません。
そういったことから、現代の猫特有の「肥満」だとか人間でいう「生活習慣病」のような症状が出ていることの一因に、こういった原料のフードも挙げられているということなんです。
ただキャットフードは合う合わないがあり、あるフードを与えたから100%の猫が何らかの病気にかかる、ということでもありません。
ただできるならそういうことになるリスクを、なるべく回避しておきたいというのが、オーナーさんの気持ちしては多いのではないでしょうか。
また安価なフードできんあるのは「添加物」です。
この「添加物」も個体差で、何らかの病気にかかるリスクがあるとされています。
そういったことから、安価なキャットフードを与える場合は注意が必要ということなんですね。

 

◆プレミアムフードって、実はそんな高くない?!

 

猫を飼ったことがある方なら、経験があるかもしれませんが、安価なキャットフードはとても食いつきが良く、「たくさん食べる」のに、プレミアムフードだと、なぜか「少量しか食べない」ということがあります。
それだけを見ると、「プレミアムフードなのに、おいしくないのかな…」なんて考えてしまいますが、実は安価なフードは「おいしさを追及して、たくさん食べてもらえる」ことをコンセプトにしているよう。
逆に「プレミアムフード」は猫が健康かつ肥満にならないように適量しか食べない設定になっているため、がっついて食べないということのようです。
「プレミアムフード」は厳選した鶏肉などの原料とともに、無添加であったり、必要な栄養素がきちんと摂れるとうに計算されています。
ぱっと見の値段は高いと感じるかもしれませんが、食べる量が適量に抑えられているので、トータルでみると、それほど高価でもないのです。
食いつきひとつ見ても、それぞれのフードが何を目指して作られているのか、垣間見ることができますね。
5年先、10年先の猫ちゃんの健康を考えるなら、どちらをチョイスすればいいのか、わかってきます。
とにかくキャットフードを選ぶ時には、重さや値段だけを見るのではなく、そのなかに含まれている原材料の比率や添加物の有無など、品質もきちんとこまやかにチェックしてあげることがポイントです。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ