パーフェクトフィット【perfectfit】

「パーフェクトフィットキャットフード」とはどんなフード?

 

家族同様の愛しい猫ちゃんには、元気で長生きしてほしい…オーナーさん誰のも願いですよね。
そういった願いから生まれたといわれているのが「パーフェクトフィットキャットフード」。
猫ちゃんの年齢やライフスタイルに合わせて与えられる、というコンセプトで盗聴したキャットフードです。
でも具体的にはどんな特徴があるのか?ここではその「パーフェクトフィットキャットフード」の特徴についてチェックしてみましょう。


猫ちゃんのライフスタイルはさまざまです。
室内飼いの猫ちゃんは、避妊や去勢をしていたりしますが、そういった個々の猫にフィットしたフーヅが必要だとこのメーカーは考えています。
ペット栄養学の世界的な権威で有名なウォルサム(R)研究所と共同で開発され、さまざまなライフスタイルにあったフードが取り揃えられました。
高品質な素材をチョイスし、美味しさにもこだわり、すべての猫ちゃんに好まれるように計算されています。
また小分けの包装で美味しさや鮮度をキープするなど、細やかな工夫を凝らしたフードなのです。

「パーフェクトフィットキャットフード」の原材料ってなにが使われてる?

ライフスタイルに合わせて選べる「パーフェクトフィットキャットフード」。
コンセプトは誰もがいいなって思えるフードですが、実際のところ、どのような原料が使われているのでしょうか?
ここでは「パーフェクトフィットキャットフード」の原材料についてチェックしてみましょう。

 

「パーフェクトフィットキャットフード」の原材料

 

トウモロコシ・、家禽類、チキン、チキンチキンエキスなどの肉類・植物性たんぱく・鶏脂などの油脂類・大麦・ビートパルプ、オリゴ糖などの食物繊維・酵母・ユッカ・ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、E、葉酸、コリン、ナイアシンなどのビタミン類・ナトリウム、クロライド、亜鉛、カリウム、鉄、銅、ヨウ素などのミネラル類・メチオニン、タウリンなどのアミノ酸類・ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール、クエン酸、BHA、BHTなどの酸化防止剤

 

このように確認してみると、一般的な廉価版のキャットフードとあまり変わらない感じがしますね…。
穀物原料であるトウモロコシが一番たくさん使われている、というポイント、また酸化防止剤のBHA、BHTなどが使われているポイントなどは、特にこだわり、とはとりづらい感じです。

「パーフェクトフィットキャットフード」の評価や口コミは?

 

「パーフェクトフィットキャットフード」を実際に与えてるオーナーさんの口コミをこちらでチェックしてみましょう。

 

  • サンプルをあげてみたところ、けっこうおいしそうに食べてくれたので、それからヘビロテしてます
  • お手軽なお値段なので、数匹猫がいる我が家には、うれしいキャットフードですね
  • いろんな味があったり、猫の年齢に合わせて食べさせてあげられるところが気に入りました
  • BHAやBHTが入っていることを知ってから、与えるのをやめました
  • うちの猫はあんまり食べてくれなかったので、他のフードに替えました
  • 毛玉ケアになったフードが多くて、また小分けになっているので使いやすいですね
  • こだわったら他のフードのほうがいいと思うけど、コスパで選ぶとこちらのフードでしょうか

 

さまざまなご意見があるようですが、やっぱり発がん性があるといわれている酸化防止剤のBHA、BHTが含まれていることが、気になるオーナーさんもいるみたいです。
微量なら心配がないということのようですので、オーナーさんがまずしっかり理解し、判断して与えていくことが大事かもしれません。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ