肥満度 チェック

猫も人間と同じ!太りすぎはNG!肥満度をチェックしましょう!

 

愛くるしい猫を見ていると癒されますよね。
ちょっとまるっとしているほうが、可愛い!なんてオーナーさんも多いのではないでしょうか。
でもやっぱり猫も人間と同じで、「太りすぎ」は「NG」なのです。


猫も肥満になると、人間と同じような成人病のような症状や、心臓の病気など、さまざまな病気になるリスクが高まってしまいます。
ですから常に、猫ちゃんが理想的な体形なのか、チェックしておくことが重要です。

猫ってどのくらいから「肥満」なの?

猫の肥満といっても、具体的にどういう風になったら肥満なのか、よくわからないですよね。
年齢も違うし、種類によっても実は違っていたりします。
特にメインクーンなどの成猫になるまで時間がかかる種類の子の場合は、一般的な基準とは違うので、注意が必要です。
ここでは一般的な猫ちゃんの肥満チェックについて解説します。

 

@ろっ骨は触れますか?

 

どうチェックするかというと、「わきの下に手を入れてみて、ろっ骨が触れるかどうか」。
これでろっ骨はどこ‥?!という状態の子は、肥満、メタボちゃんということになります。

 

A歩いているところを上からみてどう?

 

歩いている猫ちゃんを上からみたときに、おなかのあたりなどがおおよそ寸胴、といえる状態なら、セーフ。
ですが膨らんで見える、という子は肥満、メタボということですね。
でも意外とそこそこムチムチでも、大丈夫ってことなんですね。

 

Bボディ コンディション スコア(BCS)

 

獣医師なども採用している5段階の数値です。
猫ちゃんの外観と触診でチェックする、わりとアナログ的なものですが、信頼性があります。

1:痩せ

あばら骨が明らかに浮いて脂肪がなく、骨に簡単に触れる。おなかがへこんで腰がくびれている
腰のくびれが目立ち腹部のへこみが顕著。

 

2:痩せぎみ

あばら骨に容易に触れる、脂肪がうっすらとだけ。腰もくびれている

 

3:標準体型

脂肪が適度にあるが、あばら骨が容易に確認することができる。腰がややくびれている

 

4:やや肥満気味

標準体重から120%程度。脂肪がありあばら骨は確認しづらい。腰のくびれはほぼなし
横腹部が丸みがあり垂れたような状態

 

5:肥満

標準体重の140%程度。厚みのある脂肪がありあばら骨が触れない。横腹部がたれ、歩くと脇腹が揺れる

猫の標準体重ってどのくらいなの?

猫の肥満を知るうえで、把握しておかないといけないのは、やっぱり「体重」です。
でも、猫ちゃんの体重って、どのくらいが一般的なのか、知らないというかたもいるかもしれませんね。

 

一般的な成猫の標準体重は、3〜5キロくらい

 

種類によっては異なる子もいますが、一般の猫ちゃんの場合、3キロから5キロが標準です。
このくらいの体重なら大丈夫、ということですね。
ですので先ほどの肥満チェックで、ちょっと太ってるかも…という子は、6キロ程度まででしょうか。
6キロを超えてくると、肥満を意識しないといけないでしょう。
でも猫ちゃんを飼っているかたなら、6キロってけっこうなものでは?と思いませんか?
なので6キロまでなら大丈夫!ではなくて、6キロにならないように、少しセーブしてあげることが、先々肥満や病気で困らない秘訣なのかもしれません。
老猫は運動量が減りますし、代謝も落ちてきますので、それまでに標準に近い体重で推移させてあげることが、健康で長く一緒に居られるポイントになります。
また最近では猫の健康状態を調べる「猫ドック」なんてものもあるそうですので、健康に留意するなら受けてみてもいいかもしれません。
日ごろから、可愛い猫ちゃんの健康管理をしっかりしてあげましょう。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング