ダイエット

ぽっちゃり気味の猫、ダイエットすべき?

猫はふわふわの毛と愛くるしいしぐさが本当に癒されるのですが、なんとなく丸っこいほうがかわいい、と思っているかたも多いのではないでしょうか。
ちょっとお肉がついているくらいのほうが、よりもふもふ感が増して、愛らしさも倍増‥でも、健康面を考えると、必要以上に体重が増えてしまうことは、リスクを伴うのです。
標準体重を大幅に超えるような場合は、やはり人間と同じように、糖尿病だとか、さまざまな病気になる可能性が高くなってしまいます。
ですからできる限り適正な体重に近づくように、オーナーさん側が配慮してあげなければなりません。
猫ちゃんの体形が、肥満気味だ、という場合は、早い段階で、ダイエットを進めてあげましょう。

猫のダイエット、具体的には何をやればいい?

猫の場合、人間のように、自分で「痩せなければ…」と一念発起することはありませんよね。
ですからオーナーさんが以下に配慮してあげるかが、ダイエット成功への重要なポイントになります。
基本的には、消費カロリーを上げて、また食べる量を減らすことで、自然に体重は減っていくものです。
そのために具体的に配慮していくべきポイントを挙げてみましょう。

 

暮らしている環境を工夫する

 

最近の飼い猫の住環境は、本来のように野性的に屋外を歩きまわったりすることも少なくなり、場合によっては、室内のみで生活している、という子も少なくありませんよね。
オーナーさんのライフスタイルによっては、ワンルームマンションの狭い部屋で暮らしている、という場合もあるかもしれません。
そうなってくると、どうしても「運動量が不足してしまう」傾向になります。
ではそういう住環境の場合は、どうすればいいのでしょうか。
できるだけ猫と遊んであげること、またキャットタワーのような上り下りできる環境を作ってあげることで、運動量をあげることができます。
できるだけ一緒のときは、運動になるように、かまってあげることが大切です。

 

食事の質と量をしっかりと管理する

 

キャットフードだけを食べて暮らしている猫がほとんどですので、やはりメインになっているフードに配慮することが、最も重要なダイエットのポイントになります。
原材料をしっかりとチェックして、良質なたんぱく質が多く含まれ、かつ低カロリーに設定されているフードをチョイス。
またフードの与え方も、気を付けるべきポイントです。
オーナーさんのライフスタイルによっては、食べきれないほどの量をお皿に盛って出かける、という場合もあるかもしれません。
長い間家を空けてしまうかたに多いのですが、やはりこれもあまり良くないんですね。
食べきるだけの量、あるいはダイエットに適した量を、一緒にいるときに与えるようにしなければ、どのくらいフードを食べているのか把握できません。
ですので、長い時間ごはんを食べられない、ということになるかもしれませんが、極力一緒にいるときに、フードを与えるようにするか、必要量だけを皿にあけて、出かけるようにします。

ダイエット・注意するポイント

 

今まで食べるだけフードを与えていた場合、急に制限した量になると、ストレスを感じたり、起こってひっかいて来たりする猫ちゃんもいるようです。
そういう場合は、フードの配慮とともに、運動量を増やすことからはじめてみるほうがいいかもしれません。
一緒にいるときは、できるだけかまって遊んであげること。


そうしているうちに、動くことが多くなると、筋肉量が増えて代謝も上がります。
食事でストレスを感じる猫ちゃんは、まず愛情いっぱいかまってあげることからはじめてみましょう。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング