猫 肥満

猫の肥満について

 

猫にはその猫の種類によってだいたいの適正体重がありますが、中にはその適正体重を大きく上回ってしまう、いわゆる肥満になってしまっている猫もいますよね。
肥満になる原因は人間が肥満になるのと同じように、運動不足や過食などさまざまなものがあります。


一番重要なのは、肥満になってしまうと猫さんも人間と同じで生活習慣病になってしまいます。
猫さんも健康にいてもらうにはダイエットすることが必要なのですね!

猫が肥満になる理由

猫はもともとスリムな体型をしている動物ですよね。野生に生きているライオンやヒョウといった猫科の動物が肥満に悩んでいるというのは聞いたことがありません。では、どうして猫が肥満になってしまうのでしょうか?原因は二つあります。まず食べ過ぎです。猫にとって必要なカロリー以上の食事を与えてしまえば当然摂取カロリーが多いために肥満になりますよね。そして運動不足も猫が肥満になる原因です。とくに室内飼いの猫は外を自由に歩き回る猫に比べるとどうしても運動不足にはなってしまいますよね。その分摂取カロリーを制限してあげれば摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れるので肥満にはなりませんが、運動不足な上に沢山のキャットフードを与えたり、人の食べる食べ物を与えてしまえばカロリーオーバーになって肥満になってしまいます。でも、猫はもともと自分で食べる量をコントロールすることが出来るはずなのに、どうして食べ過ぎるのでしょうか?理由はキャットフードにあります。一般的なキャットフードは、カロリー自体は多いのに猫に必要な栄養が不足しているために沢山食べることになってしまったり、香料や合成調味料などによってなんとなく食べたくなってしまうんです。ちょうど、子どもがスナック菓子を食べ過ぎてしまうのと似ています。肥満の原因にはこのキャットフードの質というものも関係があるということになりますよね。無添加キャットフードのように、少量でも満足がんを得ることが出来るようなフードを与えてあげれば、このようなことも減るようですよ。

猫の肥満についてキャットフードの中身を確認しよう

 

そんなに多くのキャットフードを与えているつもりがないのに肥満になってしまうとなると、そのキャットフードの中身に問題があるケースもあるんです。キャットフードには総合栄養食、一般栄養食、間食、その他の食餌といった種類に分けることが出来ます。


トータルとして栄養バランスが良く、水と共に与えることで栄養バランスが整っているキャットフードは総合栄養食というものになります。一般栄養食は人の食事に置き換えると「おかず」になるものです。例えば一般栄養食を主食として猫に与え続けてしまうと、猫の栄養バランスが悪くなってしまい、場合によっては肥満になってしまうこともあります。

 

同じように間食は「おやつ」になりますので、これも与えすぎることによって肥満になってくる可能性は高くなります。つまり、餌の目的を間違えた物を与えることによって、猫が肥満になってしまうことがあります。キャットフードには総合栄養食なのか、一般栄養食なのか、間食なのかなどその目的がパッケージに書かれていますので、しっかりと確認して与えるようにしましょう。また老猫に子猫や若いころと同じキャットフードを与え続けることでも、肥満になってしまうことがありますので注意しましょう。

 

猫の肥満と穀物原料…うちの場合

 

以前からうちでは何匹か猫ちゃんと暮らしてきましたが、当初はあんまりフードについて考えたことはありませんでした。
その当時は一般的にフードは待ちのドラッグストアとか、ディスカウントストアなんかで買うのが普通で、どれも大差ないと思ってたんですね。
でもネットが普及してから、いろんな情報を手に入れることが可能になって調べていて思ったんです。
そういえば、うちにいた猫ちゃんたちって、ほとんど「おでぶちゃん」だったな、と…。
人間でも、最近では炭水化物の摂りすぎは良くない、ということが分かってきてますよね。
何を隠そううちの両親は2人とも「糖尿病」で、ごはんやパン、小麦、またビール、甘いものなんかを好んでいたことが原因でした。
同じように猫ちゃんだって、本来肉食なのに、穀物原料を常食させていれば、おのずと「おでぶちゃん」になってしまうってこと…。
こういった情報を調べていくうちに、合点がいったんです。
ただ太ってる程度なら、猫ちゃんもまあかわいくていいんですが、やっぱり両親のように「糖尿病」なんかになってしまっては困ります。
そういったことも考えるようになって、やっぱり安価なフードの主な原料である穀物類は避けてあげたほうがいい、という結論に達した、ということなんですね。
ちなみに、いま家にいる猫ちゃんはわりとしゅっとしていて、とても元気に暮らしていますよ。

愛猫におすすめダイエット法

自分がご飯を食べている時に、足元で愛猫が見上げて愛くるしい声でないていると、ついついかわいくて自分が食べているものを上げてしまったり、欲しがるだけキャットフードを上げてしまった結果、肥満になってしまった猫。というのは実はとても多いそうです。肥満は万病の元ですから、ダイエットが必要ですよね。でも人間でも辛いダイエットを愛猫に刺せるのは大変ですし、どうしたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。基本的には摂取カロリーを制限するという方法があります。でも、いままで好きなだけ食べていた猫にとってはかなりつらいものになってしまうかもしれません。お腹は満足できて、でもリーカロリーに抑えるには無添加キャットフードはおススメです。例えば、annのピュア・フィッシュ ライトは国産アジを使ったキャットフードですが、低カロリーなドライフードで太り気味な猫にもお薦めなキャットフードです。100gあたり310kcalなので、通常のピュア・フィッシュ に比べると20kcalも低カロリーですが、栄養バランスには優れていますので、少量でも満足感を得ることが出来るフードなんですよ。この少量でも満足感を得ることが出来るというのは無添加キャットフードの特徴でもあるんです。嗜好性がたかい香り付けがされているキャットフードはどうしても食べ過ぎてしまいますが、無添加キャットフードはそのような心配もないので、少量でも満足感が高いため、摂取カロリーの制限には向いているんですよ。

キャッチコピーは20年間元気で生きること!

大切な家族だから長生きして欲しいと言う気持ちで作られているのです!

 

⇒ シンプリー【Simply】キャットフードのこだわり

猫の肥満の原因!キャットフードの中身を確認しよう記事一覧

猫の肥満の原因は?

猫と肥満について猫を飼っているかたは、多少まるまるとして、愛くるしいほうが好き、というかたも多いのではないでしょうか?猫の種類によってはスリムな子もい...

≫続きを読む

猫の肥満の解消には運動と食事にこだわるしかない!

昨今では室内飼いの猫ちゃんが一般的ですので、どうしても家でゆったりと暮らす傾向がありますよね。本来猫というものは、屋外で暮らしていて、木登りをしたり、...

≫続きを読む

猫のダイエット方法

猫はふわふわの毛と愛くるしいしぐさが本当に癒されるのですが、なんとなく丸っこいほうがかわいい、と思っているかたも多いのではないでしょうか。ちょっとお肉...

≫続きを読む

猫の肥満度チェック

愛くるしい猫を見ていると癒されますよね。ちょっとまるっとしているほうが、可愛い!なんてオーナーさんも多いのではないでしょうか。でもやっぱり猫も人間と同...

≫続きを読む

猫の肥満と体重の基準は6.4kgから!

一般的な猫の適正な体重とは、どのくらいかご存じですか?基本は大人の猫になり、去勢・不妊の手術をする直前の体重が適正とされています。ただし猫の種類によっ...

≫続きを読む

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ