老猫 病気 ケア

老猫の病気

 

 

猫さんも年を取ると人間と同じような病気になってしまいます。
その中にはガンであったり、白内障など生活に支障、又は命に関わる病気になってしまうものです。
そうならないためにも日頃のケアが必要なのですよ!


病気の老猫のケアとは

 

老猫の病気で以外に知られて異なものに痴呆症があります。突然大きな声で喚くようになった、いつまでもキャットフードを食べようとする、おなじところをくるくると回っているなどの行動は痴呆症の症状です。
老猫はどうしても不安感が高まり、安心したいという気持ちが高くなります。そこで、日ごろから遊んであげる、グルーミングをしてあげるなど、安心感をしっかりと与えてあげることがとても大切なんですよ。

 

目の疾患を抱えることも多くなります。外因的な原因で起こるのが白内障です。外部からの傷で起こる白内障を予防するためには、はやり外に出さずに室内で飼育する、物が落ちて目に当たらないようにしておくことが大切です。

 

一方、他の病気が原因で起こる目の病気は緑内障です。伝染病であるケース、白血病であるケースなどさまざまですので、あまりにも目を気にしている様子が見える時には必ず獣医師さんに相談をしてみましょう。最後に歯周病も老猫にとっては怖い病気です。

 

日頃からドライフードを与えることで歯石が出来にくくする、週に一度程度歯の手入れをするなどケアをすることでも防ぐことが出来ますよ。

 

老猫によくある病気は?

 

癌(ガン) 猫さんの病気での死亡率1位が癌です。シコリが大きくなり病状が発覚するので、普段から気がついたら病院へ連れて行って上げましょう
糖尿病 妙にトイレの回数が多い時や水を飲む頻度が多いなどは糖尿病を疑います。人間同様食べても太らない等の症状も有りますが、血液検査で検査が可能です。
心臓病 肥満猫や咳を良くする様でしたら心臓病を疑ってみましょう。心臓肥大などもよく有る病気の一つです。
腎臓病 腎臓の働きが下がってしまう事で起こります。特にトイレの数が増えたら要注意、機能低下ですので老猫さんによくある病気です
皮膚病 アレルギーなどが原因であることが最も多いのですが、皮膚の乾燥により起こることもよく有ります。
白内障 年齢を重ねることで起こってしまう目の病気の代表ですね。8歳以上になると発症する猫さんが多いので気をつけてあげましょう。目が白く濁ってしまう事で分かりますが、最悪失明してしまうので、気がついたら病院へ行きましょう。

毎日のケアで早期発見を

 

猫さんは人間の言葉を発しませんが、体調が悪いと態度や行動に現れるものですね。

 

何かオカシイな?と感じたらよく触って、異変がないか見て上げることが重要です。

 

動物も人間同様に早期の発見でガンなども直すことが可能です。

 

トイレでの排泄物の状態、食欲、負担より元気が無いなどを毎日チェックしてあげることで歳をとった猫さんの健康の管理も出来るのです。

 

愛猫が年齢を重ねてきて徐々に老猫となる、これは逆らうことが出来ない事実です。
人間も年を重ねていけば病気をしやすくなるように、猫も老いてくれば病気もしやすくなります。
これは年齢を重ねるとどうしても免疫力が落ち、体力も落ちてくるからなんです。

 

シニア用キャットフード!のメリット・デメリットについて

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング