猫 食べさせてはいけない

◆猫に与えると毒になる「食べ物」とは?!

 

 

愛猫には健やかに長生きしてもらいたいものですよね。

 

でもとにかくかわいがるばっかりに、猫が欲しがった食べ物を与えてしまう、ついつい甘やかしてしまうオーナーさんもいるのではないでしょうか?

 

でも実は、ヒトが食べている食べ物のなかに、猫にとっては良くない、場合によっては「毒」となってしまう食べ物があるんです。


猫は元来自分で狩りをして食べ物を確保してきた「肉食動物」ですよね。
必要な栄養素はどの獲ってきた鳥や虫、小動物などを食べることで摂取しています。
ヒトはまたそれとは異なり、いわゆる「雑食」で、野菜や穀類、くだもの、肉や魚介類など、さまざまなものを摂り入れて、体を維持していますので、猫とヒトではまったく状況が違います。
ですから、むやみにヒトが食べているものを、猫が欲しがったとしても、与えないのが「正解」!
猫にとって問題がないものでも、ヒトが食べているものは「味付け」がしてあり、猫にとっては「塩分が濃い」「アブラが多い」など、さまざまな要素が濃すぎることが多く、マイナスにしかなりません。
さらに猫に与えることによって、死に至るほどのリスクを伴う食べ物があるのはご存じでしょうか。

 

ここでは特に、それらの「猫にとって毒になってしまう食べ物」について解説していきます。

 

 

「玉ネギ・ネギ類」は絶対に与えないこと!

 

ネギや玉ネギが猫に良くない、ろいうのは聞いたことがある方もいるかもしれません。
厳密には、「ネギ科」に属しているものすべてが、猫にはNGな食べ物です。
「ネギ科」のものは具体的に以下のようなものです。

 

  • 長ネギ
  • 玉ネギ
  • にら
  • あさつき
  • にんにく
  • らっきょう
  • わけぎ

 

「玉ネギ・ネギ類」を猫が食べてしまうと、「溶解性貧血」といういわゆる「ネギ中毒」を引き起こします。
血の中の「ヘモグロビン」が酸化してしまい骨髄もきちんと働かなくなってしまいます。
猫とヒトとでや「ヘモグロビン」の「分子構造が異なる」ため、猫には悪影響なのです。
摂取することによって起こる症状は以下のとおり。

 

  • 赤や褐色の尿が出る
  • 吐き気、嘔吐
  • 心拍数があがる
  • 黄疸がでる
  • 下痢
  • 動きが鈍くなる

 

最悪の場合重い貧血になったり、死に至ることもあるとても危険な食べ物です。
食卓のなかの鍋ものやハンバーグなど、肉メインのもので猫が欲しがる場合もないとはいえません。
しかし成分は加熱していても、猫にとって影響は変わりませんので、少しでも含まれている食べ物を与えてはいけないのです。
ついうっかり、が命取りになってしまいます。

 

「チョコレート」も、猫が死にいたるリスクが!

 

甘くてほろ苦いおいしさが魅力の「チョコレート」。
老若男女問わず、みんな大好きな食べ物のひとつですが、この「チョコレート」も、猫にとってはやはりこれもNGな食べ物です。
「チョコレート」の原料の「カカオマス」というものには、「テオブロミン」という名前の物質が含まれています。
これが猫の体内に入ってしまうと、以下のような状態を引き起こします。

 

  • 血圧を上昇させてしまう
  • 下痢
  • 吐き気をもよおす
  • 不整脈になる
  • 痙攣を引き起こす
  • 興奮状態になる

 

これは「チョコレート」に含まれている「テオブロミン」が、猫の心臓、または中枢神経などを刺激してしまうことで、起こる異常。
重症化してしまうと、死に至る場合もありますので、絶対に与えてはいけません!
「チョコレート」もさまざまな種類があり、「テオブロミン」の含有量は差があるようですが、とにかく「与えない」というのが鉄則です。
「チョコレートケーキ」だとか「ココア」などの食べ物や飲み物も、扱いとしては「チョコレート」と同様です。
ついうっかり、というのが命取りとなってしまいますので、万が一にも絶対に猫には与えないようにしてください。

 

「カフェイン」が含まれている飲み物なども「猫」はダメ!

 

眠気覚ましになったり、体によい作用を及ぼすことも報告されている「カフェイン」。
「カフェイン」が含まれているものといえば、代表的なものですぐ思い浮かぶのが「コーヒー」「お茶」などではないでしょうか。
ヒトなら、「コーヒー」もダイエットにいいだとか、一日に3杯ほど飲むと、がんのリスクが低減できるといったデータもあり、「体にいい飲み物」という印象を持っているかもしれません。
また「お茶」もカテキンなどを含んでおり、抗酸化作用があるなどと、よい情報が多いものでもあります。
しかし「猫」にとってはどうなんでしょうか。

 

「コーヒー」「お茶」などを水代わりに与える…というのは、「もってのほか」です。
「コーヒー」「お茶」に含まれている「カフェイン」は猫が体内に取り込むと「極度の興奮状態」にしてしまったり、「中毒症状」を引き起こすと言われています。
「カフェイン」が含まれている飲み物は全般的に「猫」にとっては、NGと考えておいて「正解」です。
「コーラ」などの飲み物にも、「カフェイン」が含まれています。
猫には水分は「水」を与えること。
これが、猫にとっては必要充分と考えてください。

 

「イカ」「スルメ」など特に「生の状態」は絶対NG!

 

現在のようにキャットフードが出回る以前から、猫には「イカ」は与えてはいけない、ということが知られていました。
いわゆる「腰を抜かす」と言われてきた食べ物なのですが、この原因となっていたのは、「生のイカ」のなかにある酵素の「チアミナーゼ」というもの。
「チアミナーゼ」が猫の体内のビタミンB1を壊してしまうことで、「急性ビタミンB1欠乏症」というものを起こしてしまうから。
「急性ビタミンB1欠乏症」二なってしまうとイカのような症状を起こします。

 

  • 食欲が落ちる
  • 瞳孔が開く
  • 嘔吐する
  • しっかり歩けなくなる
  • 痙攣を起こす
  • 奇声をあげる
  • 昏睡状態になる

 

こういった症状が悪化してしまうと、最悪の場合死に至ることも。
「チアミナーゼ」は「イカ」「スルメ」などだけでなく、「タコ」「エビ」などにも含まれていますので、猫は海のものが好きだから…などと安易に考えて与えてはいけません。
ただし「チアミナーゼ」は加熱すると、危険性はなくなるとは言われているようです。
また「スルメ」を食べさせると、胃のなかで数倍程度まで大きく膨張してしまうため、「急性胃拡張」などを起こすリスクも!
ほしがっても、与えないほうが無難でしょう。

魚が好きでも「貝類」はNG!

 

猫が肉食動物であることは周知のことですが、魚も好きですよね。
キャットフードのなかにも、「フィッシュ味」があるくらいですから、魚介類は与えてもいいのでは…?と思うかもしれません。
しかし実は猫にとって「貝類」はNGな食べ物なのです!
なぜ猫が「貝類」を食べてはいけないのかというと、「貝類」が食べている「海藻」が原因といわれています。
その海藻が分解されると毒素が出て、それが猫の皮膚疾患を引き起こすんですね。
「貝類」を食べてしまって発症する病気はほかにも「光線過敏症}というものも。
耳の部分に見られる病気で、かゆくなってしまったり、腫れたりします。
これが重篤化すると、壊死してしまうという場合もあるんだとか。
猫が好みそうに感じる「貝類」は、毒素が体質に合わないということを覚えておくようにしましょう。
具体的には「あわび」「とこぶし」「さざえ」「トリガイ」などのような「貝類」は、絶対に猫には与えないようにしてください。
自宅で食べる際にも、うっかり猫にとって食べられてしまうようなことがないようにしましょう。

 

鶏肉は好きなはず‥でも猫に卵ってダメなの?

 

猫は本来狩りをして、自力で小動物や鳥、虫などを捕獲しては食べて暮らしてきた「肉食動物」です。
ですから本来の主たる食事は「鳥」であったり「ねずみ」などの小動物などですね。
となると、「卵」も食べていたのか?と思ってしまいますが、気を付けなくてはなりません。
実は猫に与えて危険なのは「生の卵」。
「生卵」の卵白の部分には「アビジン」という成分が含まれており、これが猫にとって大事なビタミンB群のなかのひとつである「ビオチン」を分解してしまうのです。
これによって、食べてしまうと、皮膚が炎症を起こしてしまったり、下痢をする、あるいは結膜炎などの症状を引き起こしてしまいます。
ですからオーナーさんが食事時に、たまごかけごはんなんかを食べていて、横からうっかり食べられてしまうなどと言ったことも、とても危険なんですね。
ですから、こういった「生卵」を使っているメニューの時は、猫がうっかり口を付けてしまわないように注意しなければなりません。
ただし、この危険性は「生の卵」に限ったことです。
加熱した場合の「卵」の場合は、とてもバランスのよい食べ物ということになりますので、この場合は猫に与えてもよいでしょう。
ただし塩分などは添加しないように。

 

肉食なんだから生の豚肉は大丈夫?いいえ、NGです!

 

猫の本来の暮らしを考えてみると、自分で仕留めてきた鳥や動物をそのまま食べていたわけですから、人間が食べているような、お肉なんかも食べてもいいのかな?と思ってしまいますよね。
ヒトが食べているおもな肉といえば、鶏肉、牛肉や豚肉。
でも注意しなくてはならないのがこの中の、「豚肉」特に生の状態のものです。
ヒトの場合も、「生の豚肉」は危険だということはご存じかと思います。
調理する際も絶対に「しっかりと火を通す」というのが鉄則ですよね。
何が危険なのかというと、「トキソプラズマ」という「寄生虫」です。
ヒトの場合もこの「トキソプラズマ」という「寄生虫」が影響し、害を及ぼされるのですが、猫が食べてしまうと、体重が落ちる、目に障害が起きる、下痢を起こしてしまうなどさまざまな状態を引き起こしてしまいます。
特に猫の場合はこの「トキソプラズマ」という「寄生虫」が完全に成長しきってしまうため、摂取することでのリスクが最も高いともいえます。
基本的に生に限らず、豚肉は、猫には与えないということがポイントですね。

 

猫にはスパイシーな「香辛料」は不要です!

 

ヒトはさまざまな食べ物をさまざまなアレンジで楽しむものですが、基本猫などの動物は、「味付け」はほぼ必要ありません。
実際元々狩りをして、小動物などをとらえてきて食べていたわけですので、味を付け加える必要がないというのは理解できるのではないでしょうか。
必要がない、というだけでなく実際万が一猫が「香辛料」を摂ってしまったらどうなるのか?
唐辛子やカレー粉、こしょう、タバスコなど一般的な「香辛料」を猫が食べてしまうと、内臓障害を引き起こしたり、胃腸炎などになってしまうリスクがあります。
オーナーさんが家でカレーやキムチ鍋を食べたりしているときに、それをうっかりなめてしまったりするのはとても危険なことなんですね。
一番いいのは、ヒトが食べている食事と猫の食事をしっかりと分けて考えて、キャットフードで統一してしまうこと。
そういったしつけが行き届いている猫は、基本的にヒトが食べている食事には興味を示さなくなりますので、うっかり危険な食べ物を口にしてしまう、という危険性が低くなりますのでおすすめですね。

 

高栄養食品の「アボカド」は猫には…?

 

高栄養でクリーミーなおいしさで人気の高い「アボカド」…猫に与えていいんでしょうか?
これは答えからいうと「NG]。
基本的に「アボカド」を食べていいのはヒトだけで、ほかのうさぎや猫、犬、鳥などの小動物も、食べると体によくありません。
原因とされているのは「アボカド」のなかに含まれている「ペルジン」というもの。
これが動物にとって危険な要素です。
これを摂取してしまうと、胃腸が炎症を起こしてしまったり、下痢をする、嘔吐してしまうなどの異変が起こってしまいます。
重篤化してしまうと、死に至る場合もあるということですから、絶対に与えてはなりません。
ただ製品によっては、キャットフードのなかにも「アボカド」が原材料のなかに含まれているものがあります。
このメーカーに見解を聞いても、明確に良しあしについて言及されていないとのこと。
摂取する量によっても、危険性は左右されるということですが、とにかく猫には危険が伴うので、与えないに越したことはないと考えたほうがいいでしょうね。
「アボカド」の入っている料理を食べたおさらを猫がなめてしまうなんてことも、絶対ないように心掛けましょう。

栄養価が高いレバーも避けたほうが無難!

 

肉食動物の猫は、獲ってきた小動物をそのまま食べていたわけですので、鳥などのレバーは食べても問題ないのでは?と思うかたが多いのではないでしょうか。
しかしこれらの動物のレバーには、ビタミンA、ビタミンD、Bなどが豊富に含まれています。
適量こういったビタミン類は猫には必要とされていますが、特に「ビタミンA]はたくさん摂取してしまうと、対外に排出されずに体のなかに蓄積していくもの。
そういったことから、場合によっては「ビタミンA過剰症」という状態を引き起こすことが懸念されます。
「ビタミンA過剰症」になると、骨に変形が起こってしまう場合もあり、ひどくなってしまうと、起き上がることさえできなくなる場合もあるんだとか。
どのような栄養素も、そればかり過剰に摂取してしまうのは、ヒトの場合も猫の場合もよくない、ということなんですね。
このように栄養素が偏ってしまうことを防ぐためにも、大量にレバーを猫に与えるのは避けたほうが無難です。

 

鶏肉の骨など、喉が詰まるものもNGです!

 

本来は狩りをして獲ってきたものを食べていたことから、小動物の骨の部分などは、猫が食べても大丈夫なのでは、と思いますよね。
ただし、やはり現代の猫は、こういったものを食べ慣れてはいないため、あまり与えないほうが無難といえます。
このような鋭利な形をした食べ物は、場合によって、喉に刺さってしまったり、体内の内臓を傷つけるリスクも考えられます。
加熱したのちの骨は、思っているよりも固く、喉に詰まったり引っかかったりしてキズを付けてしまい、炎症を起こしたり、嘔吐を引き起こす可能性も高くなってしまいます。
これによって胃腸があれてしまう例もあることから、わざわざそのような骨の部分を与えることはリスクを伴って、マイナスといえますね。
ヒトが食べているフライドチキンなどの骨の部分を欲しがってしまい、つい与えてしまう‥なんてこともあるかもしれませんが、これも詰まったり刺さったりするリスクが伴うだけでなく、味が濃すぎて不必要な香辛料や塩分を摂取させてしまうことにも、つながってしまいます。
ほしがるからいいだろう、という考え方はやめ、猫が安全に健康に過ごせるような食生活を心がけましょう。

 

ヒトが飲んでいるサプリの誤飲にも注意!

 

猫は誤っていろいろと飲み込んでしまうことがある動物です。
うちの実家では、なぜか針に糸が通されたもので遊んでしまい、それをまるまる飲み込んでしまった経験がありました。
その時は幸いなことに、ウンチに包まれる形で針がキレイに出てきたので大事に至りませんでしたが、どんなものを飲み込むかわからないのが猫なのです。
サプリメントなども、無造作にテーブルなどにそのまま置いてると、飲み込んでしまうことも考えられます。
ヒト用サプリメントは猫の体の大きさからすると相当な量となってしまうため、急激に強い中毒症状を起こしたり、場合によっては内臓に障害が出ることも。
風邪薬や栄養サプリメント、抗うつ剤、鎮痛薬など、どれをとっても猫には危険なものになってしまいます。
万が一このようなものを誤飲してしまったら、あるいは誤飲したかもしれない?という場合も、速やかに動物病院を受診し、早めに対処することが必要です。
またこのようなものを、猫が誤飲してしまわないように保管する習慣を付けることが最も重要なポイントといえるのではないでしょうか。

 

えっ!?猫にミルクを与えたらダメなの?

 

一般に市販されている牛乳・ミルクはヒトの場合でも、苦手な場合がありますよね。
苦手な人はたいてい、「おなかがゆるくなってしまう」ということで敬遠しがちなのですが、猫にとってもそれは同様なのです。
市販されている一般の牛乳には、ラクトースという名の乳糖が含まれており、これを消化するためには「ラクターゼ」という酵素がないといけません。
しかし猫にはこの「ラクターゼ」が体内にもともとないため、ラクトースを消化する力がないんですね。
このため、市販の牛乳を与えてしまうと、下痢を起こしてしまうのです。
ただしこれは、すべての猫が牛乳を飲んでしまうと、下痢を起こしてしまう、ということではなく、なんともない猫もいるよう。
牛乳そのものは、猫にとって毒になる食べ物ということではないのですが、個体差で下痢を起こす場合があるため、敢えて与えないほうが無難、ということなんですね。
子猫を保護して、栄養を与えなければならない、という場合は、ペットショップなどで現在は猫専用に調整されたミルクが販売されていますので、それを与えるようにするとよいでしょう。

 

ヒト用の医薬品のお薬はとても危険!

 

アメリカでペットに関する事故で一番多く報告されているのはなんだかご存じでしょうか。
それはヒトが飲むお薬を誤って猫が飲み込んでしまった、というトラブルなのです。
そんなことはあまりあり得ないように感じるかもしれませんが、猫が意外とそのあたりに転がっているものを、口に含んで遊ぶ傾向があり、誤飲することが多いのです。
例えば処方された薬のなかに含まれる「アセトアミノフェン」の場合、誤飲するととても強い中毒症状を起こしてしまいます。
たった1つ誤飲しただけで、致命的な影響があるんですね。
ほかにも風邪薬などに含まれる「イブプロフェン」は誤飲してしまうと腎臓に障害を及ぼしてしまいます。
一般常識のあるオーナーさんなら、愛猫に自分に処方されたお薬を与えようなんて感覚はないと思いますが、たまたま飲もうおとそこに置いて準備をしていて…ということはあり得る話ですね。
わざわざそのお薬のところまで来て、食べてしまうなんて‥と思うのは間違いです。
お薬を服用する際は、間違っても猫が触らないよう、誤飲しないような状態で、服用後も触ることができないところに保管するのが鉄則です。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ