我が家に猫が来た!名前は空(ソラ)とルル

我が家に猫が来た

 

 

元々我が家ではずっと猫を飼っていて、今までに飼った猫さんは自分の知っている(物心が付いてから)4匹。

 

前回買っていた猫さん(カブ)が居なくなって約半年経って、我が家の父母がそろそろ猫がほしいと言っていました。

 

そこで私が頂いて来ましたとも(動物病院で)

 

 

いきなり2匹!

 

コレにはさすがに父はビックリ、でも猫好きの我が家では一度家に連れてきてしまえばこっちの物!

 

もう可愛くって 可愛くって 返してきなさいとは言えないのですよね!

 

実はこの2匹、ナゼ2匹貰うことに成ったかというとチョットした事情が有ったのですよね。

 

  • メスが欲しかった
  •  

  • 白の方が模様が好みだった
  •  

  • 見に行った時に2匹だけだった

この様な状況が重なって結論として どちらもの希望を揃えるには2匹飼えば良いのではないか?

 

という結論に達したのでした。

 

今まで飼ってきた猫さんは1匹メスで3匹はオスでした。

 

このオスを飼うということは近所の猫とのテリトリー争いの勃発を意味するから困ったことで、今まで飼ってきたオス猫達はそのテリトリー争いが故に喧嘩の日々を送っていたのがかなり大変でした。
どれ位酷いかというと生傷が絶えないのは仕方ないことですが、家の中まで追いかけて来たり、定期的に我が家の中を見に来ているのにはびっくりしました。ふと窓に目をやると他所の猫が外から家の中を覗いているのですから、我家の猫は家の中でも戦闘モードに入ってしまい可哀想な思いをしたものです。

 

だから今度はメスが良いよね!と家族の中ではほぼ決まっていました。

 

そんな中、猫を貰いに行った時はマダマダ小さく、オスメスの判別が難しかったのです。

 

先生曰く、タブン両方共メスですよ(´・ω・`)ニコニコ

 

( ^ω^ )ニコニコしながらそう言っていたので、、模様の綺麗な白右方を貰う気まんまんだったのです。

 

その時はもう少し大きく成ってからもう一度来ますねと言って帰ったのですが、その後引き取る気で行った時に衝撃の事実が…。

 

そうです。貰うつもりだったシロちゃんがオスだったんです…。

 

  • メスがほしいけど、黒猫は母が気に入らないらしい。
  •  

  • シロちゃんの模様がキレイで可愛い
  •  

  • 両方貰えばどとらの条件も満たせる

 

と言うことで2匹連れて帰ることにしたのです。

 

 

 

1匹でも救いたい気持ち

 

我が家では猫さんは買うものではなく貰ってくるものと思っています。

 

確かに、ロシアンブルーやアメリカンショートヘアなど何時かは買ってみたい血統種もいますが、何となくお金を出して買うという行為に抵抗を覚えるのですよね。

 

そもそも、巷には飼い主のいない子猫さんが沢山居るものです。

 

じゃあそんな子猫さんを何処で見つけてくるのかというと、

 

  • 動物病院に問い合わせる
  • インターネットの里親募集をチェック
  • 保健所に問い合わせる
  • 新聞の猫上げます欄のチェック
  • 知人に声掛けしておく

 

大体このパターンだと思いますが、この中で一番確実なのは「動物病院に問い合わせる」のが一番確実です。

 

私の経験からですが、こういった物は出会いですので、欲しいと思った時に自然と出会えるものなのです。

 

今までに色々と猫探しをしたのですが、こんな感じでした。

 

動物病院に問い合わせる

 

近所の動物病院に電話で保護されている子猫などいませんか?と問い合わせをしてみると、タイミングが良ければ子猫さんが保護されて居るものです。

 

今回はこの手法を取ったのですが、流れとしては一般人が動物病院へ届け出て保護されるパターンですが、今回は警察署に届けられた捨て猫が動物病院へ来たと言うパターンでした。

 

動物病院で猫を貰うメリットは、健康状態をチェックしてくれることと、大きな所ですと24時間体制で管理されているのでミルクなどのケアがちゃんとしているところ。
初回の検診や、ワクチン等をサービスしてくれるケースも有りますね。
基本的に動物病院の先生は動物好きですので、里親になる意向があれば色々と面倒を見てくれます。

 

インターネットの里親募集をチェック

 

過去にインターネットの里親募集で猫探しをしたことが有りますが、このインターネットでの里親募集は基本的に全国区での募集になりますので、この猫ちゃんが欲しい!となった時に遠方まで取りに行かなければならないことが多々有ります。
また、インターネットの里親募集は意外と成約が厳しく、自分が見た限りこんなことが有りました。

  • 数度の面接が必要
  • 定期的に成長具合を写真付きでレポートする
  • 室内飼いを成約すること

など、即このこを貰って帰りたい!と言っても仲なかそういうわけにも浮かないのが現状です。
それは、悪意を持って猫を貰いに来る人が実際に居るからなのです。
いわゆる「サイコパス」という人で、動物虐待や殺傷を目的に猫を貰い受ける人から守るためなんですね。
特にこう言ったインターネットの里親募集ではコレを防ぐ為に、色々と厳しい条件が有るのです。

 

保健所に問い合わせる

 

この保健所に問い合わせるのも実は中々難しい物が有るのです。
それは、殆どの猫が成猫になってしまって居ると言うことです。
子猫が良い!などと命の選択をするつもりは有りませんが、性格が整形されてしまった成猫を家で飼うというのは中々簡単なことでは有りません。
そういった意味でもかなりの覚悟が無ければ、保健所から貰ってくる何てことは出来ないはずです。
もちろん、子猫も時々は届けられていますが、自分の通った保健所にはほとんどいませんでした…。

 

新聞の猫上げます欄のチェック

 

新聞欄の猫ちゃんあげます(里親募集)は良く出ていますが、意外と競争率が高いです。
そして、可愛い子から引き取られていってしまうので即確認に行ったほうが良いでしょう。
新聞の掲載までには、掲載依頼から数日を要します。そういった意味でもその間に一番かわいい子はもう決まってしまっているなんてことも有りました。

 

また、知らないお宅と言うことでチョット気を使うと言うのも有るのがデメリットですね。
可能ならば、菓子折りの一つも持って行くのが良いですがこう言った知らないお宅に行くのは少し気がひけるという人はハードルが高いかもしれませんね。
また、近年では新聞自体取っていない人も多いので段々規模も少なくなってきている気がします。

 

知人に声掛けしておく

 

このパターンも意外と効果的で、猫いりませんか?と言う話は結構アチコチで有ることです。
そういった意味でもこの知人に頼んでみると色々と話が来るものですよ。
特に小学校の先生などの知り合いがいれば、生徒の家で生まれた子を誰か貰ってくれないでしょうか?という話が舞い込んでくることが有りますね。

2匹飼う覚悟

 

今回は2匹貰ってきたのには理由が幾つか有りまして、メスが良かったとか柄が好みだったとか色々有りますが、最終的には2匹飼ってみたかったと言うことと、病院に預けられていた猫は2匹兄妹だったからというのが言えます。

 

何だか1匹だけ貰って行ってしまって、残りの1匹が残されてしまったら何となくかわいそうに感じて折角の兄妹だから2匹引き取ってきたのです。

 

因みにもしこの猫さんが誰にも貰われなければどうなるのかと言いますと、

 

動物病院では輸血用の猫を何匹か飼っていて、怪我した猫さんなど輸血が必要になる時様に病院で飼うそうです。

 

そうなるとヤッパリ、残されたほうは可哀想で、1匹飼うのも2匹飼うのも苦労は同じ。(苦労とは思わない)と言う気持ちで2匹飼いを決めました。

 

2匹猫を飼うにあたって飼い主には、金銭的な負担も生まれます。

 

  • オスなら去勢手術(約3万円)
  •  

  • 雌なら避妊手術(約4万円)
  •  

  • ワクチンの摂取×2倍(6千円×2匹×年1回(初回は年3回))
  •  

  • エサ代×2倍

この様に金額的にも軽く2倍掛かってしまうのですが、こういった事を疎かにしてしまうのは行けませんよね。

 

金銭的にもちゃんと面倒を見れると言う判断をしたからこそ、2匹飼いを決断したのです。

 

それでも、家に連れてきたら兄妹一緒だから怯えることもなく兄妹一緒に楽しそうにジャレて遊んでいるのが愛らしくって、キャワワ状態ですよ!

 

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ