アイムス

「アイムスキャットフード」ってどんなフード?

 

ペットショップなどでもよく見かける「アイムスキャットフード」。
カラフルなパッケージでとても目を引くので、知っているという方も多いのではないでしょうか。
この「アイムスキャットフード」ってどんな特徴をもつキャットフードなのか、ということを、ここで簡単に開設しましょう!


「アイムスキャットフード」は栄養バランスが抜群で、猫ちゃんの毎日の元気をサポートしてくれるフード。
猫ちゃんの大事な「歯」についてもケアできるように配慮されています。
カリカリと歯ごたえのある独自の粒は、美味しく食べることで、歯垢を取り除く働きをします。
また食物繊維であるビートバルブを配合し、おなかの健康も維持。
そしてフィッシュオイルを配合することによって、猫ちゃんの皮膚や毛艶も健やかに保ってくれるんだとか。
主原料には新鮮で高品質なお魚やお肉を使い、毎日元気な体をサポートしてくれる、そんなフードです。

「アイムスキャットフード」の原材料はなに?

食の安全が叫ばれるなか、やっぱり愛する猫ちゃんにもやっぱりこだわった安心安全なフードを与えたい、というオーナーさんが増えています。
そこでここでは「アイムスキャットフード」の原料について詳しくチェックしてみましょう。

 

「アイムスキャットフード」の原材料

 

家禽類(チキン・サーモン・ターキーほか)・とうもろこし粉・粗挽きとうもろこし・粗挽きグレインソルガム・食物繊維(乾燥ビートパルプ)・動物性エキス・乾燥卵・鶏脂・フィッシュオイル・発酵用乾燥酵母・フラクトオリゴ糖・ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、塩化コリン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビオチン、イノシトール、葉酸などのビタミン類、炭酸カルシウム、硫酸マンガン、塩化カリウム、硫酸銅、リン酸一水素カルシウム、ヨウ化カリウム、酸化亜鉛、炭酸コバルトなどのミネラル類・タウリン・DL-メチオニン・L-カルニチン、ローズマリー抽出物などの酸化防止剤

 

ヒトが必要とするようなビタミンやミネラルも豊富で、肉類がもっとも多くの比重を占めているようですね。
「アイムスキャットフード」はメーカーいわく、肉類の量がキャットフードのなかでナンバーワンとのこと。
入れ別な製造管理を行い、安全性の高い品質を保っているようです。
アイムスならお肉たっぷり!

「アイムスキャットフード」の評判・口コミは?

猫ちゃんのフードは、どんなものがいいか、意外に分かりにくいものです。
ある猫ちゃんには合っていても、そのフードが自分の猫ちゃんには合わない、ということもあります。
ここでは実際に「アイムスキャットフード」を利用しているというユーザーさんの口コミをチェックしてみましょう。

 

  • これより高いフードを与えてましたが、試しにあげたら、便の調子がその高いフードと同じになりました
  • うちの子に合っているからか、いつももりもり食べてくれます
  • 量が減って値上がりしたので他のフードを混ぜて与えたら吐くように…元にもどしたら元気になりました
  • 10歳を超えたのでシニア用に変えたら、昔の子猫だったときのように元気になって驚きました
  • お値段が高くなってしまったのがかなりショックです
  • 多頭飼いしていますが、そのなかの一匹だけ下痢気味になってしまいます
  • 年老いた猫ちゃんに与えてみましたが、合わなかったのか食べてくれませんでした
  • 便秘気味だった子がとても調子よくなりました

 

さまざまなご意見がありますので、まずはお試しからで与えてみるのが良さそうですね。
おおむね評判はいいみたいですね。
猫ちゃんの健康維持の参考にしてみてください。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ