キャットフード 選び方

愛猫の健康最優先でのキャットフードの失敗しない選び方とは?

 

 

特になにも考えずにキャットフードを選ぶと、ただ単にお値段から…といった感じになることが多いですが、それでは猫の健康面に関しては疑問です

 

どのようなポイントで選ぶと失敗しないか、順を追ってみていきましょう


 

猫缶などウエットフードばかりを与えていたら、猫ちゃんは栄養不足になってしまうって知っていましたか?

 

キャットフードはとても多くの種類があり、選ぶのに迷ってしまうことがありますよ。まずは猫にとって必要な栄養を考え、そして愛猫にベストなキャットフードを選ぶようにしましょう。まず、キャットフードにはドライフード、ウエットフード、プレミアムフードと3つのタイプ別の種類があり、さらに、総合栄養食、一般栄養食、間食、その他の食餌といった機能別の種類があります。

キャットフードを選ぶためのポイント

 

原材料の順番をチェック!

 

まず真っ先にチェックしたいのは、キャットフードの「原材料表示」のところです。
ここを見ると、どのキャットフードが健康面でいいものなのかある程度判断することができます。
健康面を優先するなら、原材料が極力「肉類」がメインになったもの、最初に表示されているのが良いです。
猫はもともと「肉食動物」ですから、「穀類」がメインになったキャットフードだと食べ過ぎて太ったりして健康面で問題が出ることが多いです。

 

ドライフードを基本にする!

 

キャットフードってとろっとしたいわゆる「ウェットフード」というのとカリカリ音を立てて食べる「ドライフード」がありますよね。
これって見た目とかからするとウェットフードのほうがおいしそうだったりして、こっちのほうがよさそう…と思う方もいるかもしれませんが…。
実は猫にとってはカリカリの「ドライフード」をメインにしたほうがいいんですって。
なぜかというと、猫はヒトと違って「歯磨き」なんてできませんよね。
でもドライフードを食べてると、いい感じに歯の汚れが取れるそうなんです。
いっぽうウェットフードは逆にとろっとしてるから、歯に不着しやすく取れにくくて、虫歯になってしまうリスクが高まるからなんです。
なのでたまーにウェットフードをあげるのはOKですが、基本メインはドライフードにするのをおすすめします。

 

「総合栄養食」の表示のものをチョイス!

 

またキャットフードには意外と知らないかたもいらっしゃるようですが、以下のようなカテゴリーがあります。

  • 総合栄養食
  • 副食や栄養補完食といった一般食

ふだん「ごはん」として与えるキャットフードとしてはこのうちの「総合栄養食」が正解。この「総合栄養食」のキャットフードであれば、それと新鮮なお水だけを摂っていれば猫は毎日必要なエネルギーや栄養は摂取できますよ、ということです。

 

添加物や穀物原料に気を付けて!

 

原料については、キャットフードによってさまざまなのですが、どうしても安いキャットフードの場合は「穀物原料メイン」になっていることが多いです。
本来猫は自分で狩りをして小動物などを食べて暮らしてきた「肉食動物」ですので、穀物の食品は摂る必要のないものと言えます。
安価なキャットフードの場合どうしても穀物原料の比率が多くて、食べすぎる傾向があるので猫ちゃんが「肥満」になったり「糖尿病」などの病気になるリスクも考えられます。

 

去勢している子は「低カロリー」なものを

 

また猫も今や「室内飼い」がほとんどではないかと思いますが、室内で暮らす猫は基本「避妊」や「去勢」をして、むやみに増えないようにするのが一般的ですよね。
ですが特に男の子は去勢するとまるっと太りやすくなる傾向がありますので、去勢した子は特にキャットフードには配慮してあげることが必要。
フードのなかにはカロリーが抑えめのものがありますので、そういったものをチョイスし、食べ盛りであっても「与えすぎないように」してあげましょう。

 

アレルギーは大丈夫?

 

また最近はヒトだけでなく、猫も「アレルギー」がある場合があるそうです。
もともとは小動物などを狩りをして捕らえ、食べてきたのが猫ですので、他の穀物なルーツとは関係のない食べ物でアレルギーがでるケースがことは、ある意味理解はできなくないですね。
猫がアレルギーを起こす可能性がある具体的な食品は以下のようなもの。

 

  • トウモロコシ
  • 小麦
  • ミルクなど乳製品
  • 牛の肉
  • 鳥の肉
  • ラム肉
  • そのほか大豆などたんぱく質類

 

個体差によって全然大丈夫な子もいれば、アレルギー反応が出る子もいるため、どのフードがいいとか悪いとかは言えない部分もあります。
またまだ発覚していない段階での、猫がキャットフードを食べたときに出るアレルギー反応や行動は以下のようなものがあります。

 

  • 下痢を起こす、便が緩くなる
  • おなかがゴロゴロ音がする、ハリがでる
  • むやみにひっかくような行動
  • やたら舐めるようになる
  • 毛が抜ける
  • 嘔吐する
  • かゆそうなしぐさをする
  • 皮膚に膿ができる
  • 外耳炎になる

新たなキャットフードを与えたときなどに、このようないつもの違う行動がでた場合はすぐ与えるのをやめて、動物病院などにフードも袋ごと持参して診てもらうようにしましょう。

 

また何らかのきっかけで愛猫のアレルギーが出てその原因が何かわかった場合は、そういう成分の入ったキャットフードはもちろん避けなければなりません。

 

国産だから安心とは限らない!

 

私たちが食べるものの場合は、たくさんの法律で安全性が担保されているので国産原料のものを選べばまずは「安心」と言える面が大きいですよね。
でもキャットフードの場合は必ずしも国産だから安心、他の国のものより品質がいいとは限りません。
というのもペットへ与える食の法律が海外のほうが厳しい場合もあるから。
ペットの食の法律が日本よりも厳しい国は以下のようなところがあります。

 

  • アメリカ
  • ドイツ
  • カナダ
  • フランス
  • オーストラリア
  • イギリス

 

より健康的で安全性の高いキャットフードを考えたいオーナーさんは、こういった国のものをチェックしてみるのも良いと思います。

 

値段から選ばないこと!

 

またキャットフードは商品によってかなり値段の差が大きいものですが、とにかく安いもの、というように値段ありきでチョイスするのは健康面を重視するならまずいかもしれません。
基本的に安価なキャットフードは穀物原料がメインになっていて、肉類は二の次ですし、肉類と謳っていてもパウダー(肉骨粉)や〇〇ミールといった、副産物や場合によってはとても食べ物とは考えられないような部位や酷い肉を細かくして使っているケースがあると言います。
これは基本「原価コストを下げることを目的」として入れられるものなので、安価すぎるキャットフードは内容を確認してよくよく考えるべきです。

 

また逆に高いからといっても原材料の表示があいまいであったり、納得がしづらいものの場合は、必ずしもよいキャットフードとはいえない場合も考えられます。

 

流行りのグレインフリーは健康面からすればアリ!

 

最近特に「グレインフリータイプ」のキャットフードがよく見られるようになってきましたが、こういったものは健康面から考えると猫にとってはいいものと言えます。
先ほども触れましたが、猫はもともと狩りをして暮らしてきた動物なので、動物性たんぱく質さえ取れていればそれで健康は維持できるということが言えます。
ですので穀物原料を使用しない「グレインフリー」はそもそもの猫の食べ物としては、むしろ当然といえるものなのです。

 

ライフステージ別のものは個体差による

 

またキャットフードによっては幼猫用だとか成猫用、シニア用といったようにライフステージを区切ったものがありますが、必ずしもそこにこだわる必要はありません。
というのはステージできっちり次のフードに変えたら急に食べてくれなくなった…というケースもあるからです。
ただし猫の個体差により太り気味だったらカロリーオフのにするだとか、普段から食べる様子や健康状態に気配りをしておき、状況に応じて変化を付けるといったことは必要といえそうです。

キャットフードの選び方ネコちゃんに必要な栄養とは?

 

 

キャットフードの種類にはそれぞれに特徴がありますので、この特徴を考えて選ぶといいですよ。
ドライフードの多くは総合栄養食になっていることが多くなっています。


●主食
総合栄養食はいわゆる主食になる餌で、これと水があれば猫の基本的な栄養は足りますし、生きていくことが出来ます。一般栄養食というのはいわゆる「おかず」になります。ウエットフードはこのタイプが多くなります。おかずだけでは栄養は足りませんので、ウエットフードばかりを与え続けるのはちょっと健康には良くないケースがありますよ。

●間食
そして間食、ビスケットや鰹節などいわゆる「おやつ」がこのタイプです。おやつは与えすぎてしまうと太りやすく健康にとってもあまり良くありませんから、適度に与える必要があります。

●プレミアムフード
プレミアムフードというのは一般的には普通のキャットフードより少し高めのキャットフードで、無添加であるものや原材料に高品質な素材を使っているなどの違いがあるものの、基本としては総合栄養食や一般栄養食になっているものが多くなります。

栄養素を考えたら量も大事

 

 

栄養素は一日に必要なエネルギーや身体を作る成分ということですよね。
ということは千木に大事になるのは一日に与えるご飯の量になるのです。


⇒ 猫の一日の食事の量は?

 

猫さんは元々野生の動物です。
野生では食べられる時には出来るだけ沢山食べて置かなければ次に食べる機会が何時あるのか分からないのが自然の厳しさです。

 

だからこそ、猫さんは何度もご飯を食べてしまうんですね。

 

 

⇒ 猫に必要なエネルギーと栄養素はこんなのが有る!

【まとめ】猫の健康を守るには飼い主が賢くなるべし!

 

愛猫の健康を真っ先に考えたキャットフードを選ぶポイントを見てきましたが、いかがでしたか?
フードによって含まれるものはかなり違いますので、まずはそういうものだということを認識して選ぶことが大事だと思います。
その上で猫の性質(おとなしくゆっくりしてる子だとか、活発で動くのが好きな子とか)を把握しつつ、必要な栄養がしっかり摂れるように。
また不要な添加物やアレルギーに関しても配慮してあげましょう。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング