アボダーム【AVODERM】

「アボダーム キャットフード」ってどんなフードなの?

 

「アボダーム キャットフード」というキャットフードはご存じでしょうか。
このキャットフードはほかの商品と比べて大きく違った特徴をもった、キャットフードです。
「アボダーム キャットフード」特有の特徴はm「アボカド」に含まれたたっぷりの栄養素を取り入れていること。
もちろんフードに使われているほかの原材料にもこだわりがあり、厳しい目で選び抜いた高品質なものを採用しています。


こういったことから、猫ちゃんの美しい毛づやを保ち、健康を守ることができる、ということです。
必要以上に動物性脂肪分を使っていないため、キャットフードにありがちな独特のニオイや油浮きなどが抑えられており、香ばしくさらりとした粒を実現しています。
またFLUTDに配慮にもしっかりと配慮した、低マグネシウムのフードです。
一般的なカリカリタイプのキャットフードのほかに、缶入りのソフトなタイプもあり、飽きることなく食べられるフードです。

「アボダーム キャットフード」の原材料はなに?

「アボダーム キャットフード」は「アボカド」のたっぷりの栄養素を取り入れた個性的なキャットフードですが、ほかにはどのような原材料が採用されているんでしょうか。
ここでは「アボダーム キャットフード」の原材料についてしっかりとチェックしてみましょう。

 

 

「アボダーム キャットフード」の原材料表示

 

チキンミール(※チキン味の場合。サーモン味の場合は、サーモンミール・サーモン)・玄米の粉・お米の粉・鶏脂肪・乾燥させたトマトの繊維・ニシン粉・アボカドミール・ナチュラルフレーバー・乾燥した全卵・乾燥チコリー根・塩・ホエー・塩化カリウム・ビタミン(塩化コリン・ビタミンE・ナイアシン・ビタミンA・ビタミンB1・パントテン酸カルシウム・ビタミンB6・メナジオン二亜硫酸ナトリウムキレート・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンD3・ビタミンB12・葉酸・ビオチン)・ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート・アミノ酸鉄キレート・硫酸鉄・硫酸銅・アミノ酸マンガンキレート・アミノ酸銅キレート・酸化マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ヨウ素酸カルシウム)・アボカドオイル・タウリン・炭酸カルシウム・パセリ・海草・メチオニン・ユッカエキス・イノシトール

子猫用や成猫用があり、猫ちゃんの成長に合わせて選べるようになっています。
またヘアボールに配慮したタイプや、年齢が高くなった猫、肥満ぎみで対策が必要な猫ちゃんに合ったタイプもあるようです。

 

「アボダーム キャットフード」の評判・口コミは?!

「アボカド」を配合した「アボダーム キャットフード」ですが、実際に猫ちゃんに与えるにしても、好んでくれるかどうか、心配ですよね。
ここでは「アボダーム キャットフード」を猫ちゃんにあげているオーナーさんのご意見をチェックしましょう。

 

  • うちの猫さんには合っているみたいで、2匹ともたくさん食べます…なので、逆に与えすぎないように注意しています
  • 個体差があるみたいですが、うちの猫の場合、かなり毛艶がよくなりましたね
  • シニアライトを与えているんですが、チキンの時と変わらずがっついてくるので、あんまり肥満解消になってないかも
  • たくさん猫がいますが、一部の猫には不評でした
  • 便秘気味だった猫にあげてみたところ、改善しました…でもやや柔らかい便になってニオイが…

 

おおむね良いという意見が多かったですね。でも猫ちゃんによっては合う、合わないがあるのがキャットフード。
ですので、まずはトライアルで少しお試ししてから、メインのごはんにするといいかもしれません。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ