猫を飼うということ

 

愛玩動物である猫を飼うというのは、つまり猫の命を預かり、その猫が幸せに暮らすことが出来る環境と整得てあげる必要があります。
猫のことをしっかりと考えてあげられないのであれば、猫を飼うことはやめましょう。
それでも、猫さんを買うととても癒やされますよね。
我が家は猫さんが来てからというもの家族間の会話が増えましたしね!

猫を飼うということ

 

 

小さくてかわいい愛玩動物をペットとして家庭に向かいいれたい、そう考えている人は多いですよね。

 

愛玩動物の中でも猫は人気が高く、飼いたいという人は多いものです。

 

でも、猫を飼うというのはただかわいいから手元に置きたいという軽い気持ちではとても買うことはできません。


猫を飼うということは、猫の命を預かるということになります。

 

その猫が幸せに暮らす環境を整え、猫のことをしっかりと考えてあげる必要があります。

 

猫を飼うということは、まさに自分の子どもを育てていくことと同じ位のウエイトで接する必要があるんですよ。

 

昔は猫といえば放し飼いが当たり前で、昼間は外で遊び、夜になってお腹がすくと飼い主さんの家を「寝床」として帰ってくるというような飼い方をする人が多かったものですが、今は病気や交通事故の防止、連れ去り防止、さらに糞害予防などの観点から室内飼いが一般的になっています。

 

猫を室内で買うことが出来るのか、猫の生体に合わせた生活をすることが出来る部屋づくりをしてあげることが出来るのかなど、猫のためにしてあげなければならないことがとてもたくさん出てくるんです。

 

猫がいることで旅行に行けない、猫の看病や看護が必要になる可能性だってある、このようなこともちゃんと視野に入れていくことだって大切なんです。

 

このような事をちゃんとすることが出来なければ、考えることが出来ないようでしたら、猫を飼うことはやめましょう。

 

結果的に猫さんも飼い主である貴方も幸せに慣れませんからね。

猫を飼うと出来なくなること

 

もし猫さんがいる家庭で、365日家に誰も居ないような状況にすることが出来なければ猫さんは飼えません。

 

お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん誰かしらがご飯を上げなければいけませんからね!


もちろん、どうしてもという時にはペットホテルなど有料で面倒を見てくれる所もありますが、基本的には毎日家に帰ってくる家庭でないと猫さんも悲しみますからね。

 

家庭にもよりますが、気軽に旅行へ行くことが出来なくなるのはかなり大きな制約では有りますからね。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ