対象方法

キャットフードを食べない猫ちゃんへの対象方法

 

今まではよく食べていたキャットフードを突然愛猫が食べなくなってしまった。こんなことって経験したことがありませんか?
この理由はだいたい二つに分かれます。

  • @体調が悪くて食べたくない場合。
  • A今までのご飯に飽きてしまった。

@体調が悪くて食べたくない場合。

人間も体調が悪い時には食事をしたくない場合もありますよね。そのような時には普段とはちょっと違うものを選んでみると食欲が出てくることもあります。猫も同じで、普段はドライフードをメインで上げている愛猫に、食欲をそそりやすく食べやすいウエットフードを与えてみるなど、体調に合わせたキャットフードを選ぶということも大切になってきます。

A今までのご飯に飽きてしまった。

一つの原因が飽きてしまった場合です。よく小さな子供が好んで食べていたものを与え続けると、ある日突然「コレ嫌い」」と言って食べなくなることがありますよね。まさにそれと同じ状態で、猫も飽きしまって食べないということだってあるんです。猫は同じキャットフードを与え続けるとやはり飽きてしまいます。そこで、いくつかの種類のキャットフードを用意しておいて、好みが偏らない配慮をしてあげるということも大切になってきます。

 

愛猫のことを良く考えて選んだキャットフードが飽きられてしまうというのは悲しいことですよね。
時には間食やふりかけなどを加えて猫が飽きずに食事をすることが出来るように配慮をしてあげることも大切です。もし、継続的に食事をしてくれないようでしたら、一度食餌の場所を変えてみるということもおすすめです。もしかしたら場所が嫌で食べないのかもしれませんよ。

食事に変化を与える

食事の変化は徐々に変える

猫は犬に比べると慎重な傾向のある生き物なので、いきなりキャットフードを変えると、食べないと言う選択をすることが多いです。そう成らないためには徐々に移行するというアプローチを知っておくことは重要です。いきなり変えても大丈夫なこともありますが、焦らず慌てず猫のペースに合わせて下さい。

 

好みを探す。

食材の種類、温度、大きさや、調理方法も猫さんの食付きが替わることがあります。
まずは好みの種類を調べるために更に少量ずついろいろな食材を乗せて、どれが食べるから1週間ぐらい観察し、次にどのような味だと食欲は最大になるのかを調べます。

 

肉なども煮てしまうと美味しくないと感じることがありますよね。犬も猫も同じでそんな時は、同じ肉を焼いたり、炒めたりすることで喜んで食べることもあります。また生なまだと喜んで食べる子もいたりた色々な個性のあることを感じられます

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング