キャットフード 選び方

猫缶などウエットフードばかりを与えていたら、猫ちゃんは栄養不足になってしまうって知っていましたか?

 

キャットフードはとても多くの種類があり、選ぶのに迷ってしまうことがありますよ。まずは猫にとって必要な栄養を考え、そして愛猫にベストなキャットフードを選ぶようにしましょう。まず、キャットフードにはドライフード、ウエットフード、プレミアムフードと3つのタイプ別の種類があり、さらに、総合栄養食、一般栄養食、間食、その他の食餌といった機能別の種類があります。

⇒ 猫ちゃん安心安全美味しいご飯!(TOP)

キャットフードの選び方ネコちゃんに必要な栄養とは?

 

キャットフードの種類にはそれぞれに特徴がありますので、この特徴を考えて選ぶといいですよ。
ドライフードの多くは総合栄養食になっていることが多くなっています。


●主食
総合栄養食はいわゆる主食になる餌で、これと水があれば猫の基本的な栄養は足りますし、生きていくことが出来ます。一般栄養食というのはいわゆる「おかず」になります。ウエットフードはこのタイプが多くなります。おかずだけでは栄養は足りませんので、ウエットフードばかりを与え続けるのはちょっと健康には良くないケースがありますよ。

●間食
そして間食、ビスケットや鰹節などいわゆる「おやつ」がこのタイプです。おやつは与えすぎてしまうと太りやすく健康にとってもあまり良くありませんから、適度に与える必要があります。

●プレミアムフード
プレミアムフードというのは一般的には普通のキャットフードより少し高めのキャットフードで、無添加であるものや原材料に高品質な素材を使っているなどの違いがあるものの、基本としては総合栄養食や一般栄養食になっているものが多くなります。

栄養素を考えたら量も大事

 

栄養素は一日に必要なエネルギーや身体を作る成分ということですよね。
ということは千木に大事になるのは一日に与えるご飯の量になるのです。


⇒ 猫の一日の食事の量は?

 

猫さんは元々野生の動物です。
野生では食べられる時には出来るだけ沢山食べて置かなければ次に食べる機会が何時あるのか分からないのが自然の厳しさです。

 

だからこそ、猫さんは何度もご飯を食べてしまうんですね。

 

 

⇒ 猫に必要なエネルギーと栄養素はこんなのが有る!

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ