賞味期限

キャットフードの賞味期限は長い方がいい? 

猫はもともと水分をあまり補給する動物ではありません。そのため、基本的にはキャットフードの含まれている水分を摂取して水分補給をしている猫もいるそうです。そのため、キャットフードの場合には、ある程度水分も含まれています。たとえばサナベレのキャットフードには10%程度の水分が含まれていますし、ボジータも10%の水分が含まれています。水分が含まれているということは、それだけキャットフードは傷みやすいため、サナベレは冷暗所での保存が必要になりますし、輸送にあたっても徹底した温度管理が必要になっています。このような厳しい管理をしなければキャットフードが傷んでしまいます。このような徹底した管理を行ったとしても、実は賞味期限もとても短くなっています。実は、防腐剤や酸化防止剤などが含まれていないからです。賞味期限が長いキャットフードは、この傷みを起こさないためにどうしても防腐剤や酸化防止剤などを添加しなければならなくなります。天然素材を使用した防腐剤や酸化防止剤もありますが、コストはどうしても高くなりますし、天然素材の防腐剤や酸化防止剤は決して長期間の保存が可能というほど効果が強い物ではないんです。逆に、賞味期限を長くしようとすれば、人工的に合成された防腐剤や酸化防止剤が必要になってきます。賞味期限が長ければ確かに便利ですが、このような点を考えると、賞味期限が長いことは決していいことではないと思います。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ