涙やけ

猫の涙やけについて

猫は種類によってはとても涙やけしやすい猫がいます。ペルシャやヒマラヤン系など、鼻が低い種類の猫で、このような猫はもともと鼻涙管という目と鼻の間にある管が曲がっているために、どうしても目から涙があるれやすく、涙やけしてしまうんです。この涙やけを放置してしまうと、目の周囲にある毛が高まってしまい、さらに皮膚がただれてしまうという症状が出てきますので、涙やけが起こる可能性が高い猫の場合いは、こまめに目の周りのケアをしてあげる必要があります。

 

このケアの方法はとても簡単です。湿らせた脱脂綿やウエットティッシュなどでこまめに目の周りを拭いてあげるということだけです。

 

ただ、こまめに目の周りのケアを行っていたとしてもすぐに涙やけをしてしまう、目やにが出てくる場合には、獣医さんに相談をしてみることも大切です。例えば目の表面に傷がついていたり、ゴミなどが入ってしまったために涙を流してそれを直そう、洗い流してしまおうとして涙が止まらない状況が起きていることがあります。傷がついているのであればそれをケアいる必要がありますし、ゴミが入っているのであれば点眼薬などを使ってごみを洗い流してあげることで改善することがあります。普段は涙やけが気にならないという猫の場合にはこのような目の異常は気が付きやすいのですが、涙やけしやすい鼻が低い種類の猫の場合には、とくに注意してみることも大切ですよね。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ