アレルギー性の皮膚病

アレルギー性の皮膚病

アレルギーによって皮膚に疾患が起こるアトピー性皮膚炎を抱えている人は増えてきていると言われていますが、実は猫もアレルギーによって皮膚病が起こることもあります。このアレルギー性の皮膚病は、症状を引き起こすアレルゲンとの接触をなくせば皮膚炎自体の症状も改善して行きますし、逆に一度薬などを用いて皮膚炎の症状が改善したとしても、またアレルゲンと接触させればまたすぐに皮膚病の症状もぶり返してしまいます。猫のアレルギーの原因になるアレルゲンは、ノミやダニといった外部寄生虫の他、実は豚肉や羊肉といった肉類、小麦、牛乳、など様々なものがあります。アレルゲンとなるのはたんぱく質なんです。小麦がたんぱく質?と思うかもしれませんが、実は小麦をはじめとした穀類にもたんぱく質が含まれており、そのたんぱく質がアレルゲンとなることが多くなっています。猫のアレルギーの場合、人にとって有効である抗ヒスタミン剤というアレルギー症状を抑える薬が効かないという事例がとても多くみられるんです。アレルゲンが特定されたとしても、なかなかアレルギー症状を抑えるための治療を行いにくいという特徴がありますので、ちょっと厄介なんです。アレルギー性の皮膚病の場合には、まず皮膚病の症状を改善させ、そしてできるだけアレルゲンとの接触をさせないようにすることが大切になってきます。とくに食物アレルギーがある猫には、キャットフードの原材料をよくチェックしてあげる必要があります。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング