長毛種の猫に合うキャットフードは?

長毛の猫に合うキャットフードは?

 

 

猫にもいろんな種類がいますが、最近人気が高くなっているのが毛足の長いタイプの猫。

 

でもこういう長毛タイプの猫の場合、いろいろ気を付けておかないといけないこともあります。


長毛の猫に気をつけること

 

  • 「グルーミング」をまめにする必要がある
  • 毛並みが美しく保てるように栄養がたっぷりのフードをチョイスする
  • お部屋にも毛が散乱しがちなので、掃除をまめにする必要がある

「グルーミング」やおそうじは、オーナーさんがまめに頑張るか否かにかかっていますが、毛並みを保つためには、毎日のフードに気を遣う必要があります。

 

最近では無添加で高たんぱくな優秀なキャットフードも出回っていますので、そういうものをしっかりと選んであげることがポイント!

 

しっかりチェックして、猫にとっていいものを与えてあげましょう。

 

長毛専用のフードを与える必要は?

 

キャットフードといっても、一般的なスーパーなどで売られている安価なものから、高品質な原材料からこだわった無添加のプレミアムフードまでありますので、どれがいいのか正直わからない‥というオーナーさんもいると思います。

 

どうしても愛猫が「おいしそうにがつがつ食べてくれる」と、嬉しくなってしまうものですが、あまりがつがつ食べる感じのフードは実はお勧めできません…。

 

基本、量をたくさん食べるように計算されているフードは、猫ちゃんの将来よりも、売れること、たくさん食べてもらえることがコンセプトになっています。

 

逆にお高めのプレミアムフードは、猫の健康や習性から考えて、たんぱく質をふんだんに含んでいたり、出所がはっきりした原材料を使うなど、こだわりが積み重なって値段に反映されているみたい。

 

私も今までそういうことをわからずに、なんとなくフードを与えていましたが、きちんとどんな原料が使われてるか、猫にとって必要な栄養素がバランスよく含まれているか、ということをチェックして選ぶようになりました。

 

また長毛の子だから、長毛専用のフードだとか、ヘアボールコントロールなどと記載されたフードを与えないといけないか、というと、必ずしもそうではないよう。

 

メーカーとしては、そのような記載があると、ユーザー側が差別化して選ぶので、そういう細分化したものを出しているだけで、結局は「どの栄養素がどんな割合で入っているか」「原材料は安心安全か」「適量食べて健康を維持できるようなコンセプトで作られているのか」ということを考えて選べばよいようです。

 

種類、ライフステージを選ばない高品質なフードを!

 

今うちの長毛の子に与えているフードは、獣医師が推奨している「カナガン」というプレミアムフード。

 

良質なたんぱく質が最も多く含まれていて、トウモロコシなど穀物原料が入っていないことから最初選びました。

 

実際猫の唾液には、穀物類をうまく消化するための酵素がないそうで、猫本来の食べ物から考えると、穀物原料は外したほうがいいと思ったんですね。

 

また猫の種類も選ばず、幼猫だとかシニア猫などとライフスタイルでいちいち変えなくていいのも気に入ったポイントでした。

 

ヘアボールについては、毎日しっかり「グルーミング」してあげているので問題ないですし、部屋もこの子が来てからよりキレイに掃除するようになった気がします。

 

基本的にどんな猫も、高品質な原材料で、たんぱく質が豊富かつ安心安全なフードが、長い目でみていいということですね。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング