毛並み 栄養素

猫の毛並みは健康のバロメーター!

 

 

人間の髪もそうですが、やはり体が健康であることが、艶や毛並みに影響するものです。
猫の毛並みの変化によって、病気を発見することもあるくらい、毛並みは体の状態が影響するものです。


普段与えているフードの内容をしっかりチェックすること、また新鮮なお水がいつでも飲めるようにしておくこと、ご飯を与える食器を衛生的に保つことなどが、健康につながり、毛並みの美しさにつながっています。
猫の毛、皮膚は体温を適正に保ち、有害な物質や、病原体、また水にぬれることなどからも守ってくれる働きを持っています。
健康な猫は、ちょっとウイルスが近づいたりしても、皮膚や毛が覆っていることで、バリアのはたらきをしてくれるので、病気が侵入しないものです。
毛並みが美しい、ということは、見た目が美しいだけでなく、猫が健康な状態に保たれている、ということなのです。

 

美しい毛並みになるための栄養素とは?

 

良質なたんぱく質をたっぷりと!

猫は元来、自分で餌となる小動物や鳥、虫などを捕まえて食べる動物です。
小動物などのたんぱく質を中心に、野菜や穀物がバランスよく含まれているキャットフードが毛並みを美しく保つためには理想的です。
健康な猫の皮膚のターンオーバー(細胞が入れ替わる周期)は21日です。
毛は夏の毛と冬の毛は異なり、季節に応じて生え変わるようになっています。
ですから季節の変わり目は、抜け毛がたくさん出るんですね。
猫の毛や皮膚は、人の場合でも良く耳にする「ケラチン」というたんぱく質由来。
食事から体内に取り込んだ、たんぱく質の3割近くを、皮膚や毛を作るのに使っているといわれています。
しかも、猫は皮膚の割合が体積に対して高めですので、よりたくさんの良質なたんぱく質が必要なのです。

 

「ケラチン」を構成するためのアミノ酸も必要!

 

健康は皮膚と、美しい毛を保つための「ケラチン」は、シスチン、メチオニンというアミノ酸から構成されています。
また猫の毛の色合いにかかわっている「メラニン色素」には黒や褐色の由来となる「ユーメラニン」黄色や赤い色合いの由来となる「フェノメラニン」というふた種類があります。
いずれも「チロシン」というアミノ酸から作られているのですが、生成する時には「銅」のミネラル成分も必要なんですね。
このようにさまざまな栄養素がバランスよく含まれている食事を与えることが、猫の健康と美しい毛並みのポイントなのです。

 

ターンオーバー、皮脂の分泌には「ビタミンA」!

猫の毛並みを美しく保つのに必要な栄養素はまだまだあります。
21日周期の皮膚のターンオーバーや、皮脂が適切に分泌されるためには、「ビタミンA」が重要です。
猫も体調を崩すと、皮膚のターンオーバーの周期が狂ったり、皮脂が適切に分泌できなくなるなどして、毛並みに影響が出てしまいます。
「ビタミンA」を適切な量摂取することで、これらのバランスが整い、体も健やかになり、毛並みも美しくなっていくんですね。

 

皮膚の炎症を抑える「EPA・DHA」!

昨今ヒトにもさまざまなよい影響を与えるとして、サプリメントなどで摂取することができる「EPA・DHA」。
オメガ3系不飽和脂肪酸EPA、そしてDHAは猫の皮膚などの炎症を抑えてくれる効果があります。
こう聞くと猫が魚を好むのもなんとなくうなずけますね。

 

皮膚の乾燥を防ぐ、毛質を整える、「γリノレン酸」「ビオチン」!

オメガ6系不飽和脂肪酸γリノレン酸、これもヒトにもよい影響を与えると評判になっている成分ですね。
これもまた、猫の健康にも効果的な栄養素なんですね。
「オメガ6系不飽和脂肪酸γリノレン酸」は、猫の毛の質を整える働きがあるのです。
またこの成分と同じく、毛質を整えてくれるのが「ビオチン」。
「ビオチン」は毛質を整える働きだけでなく、皮膚が乾燥したり、ふけが出るような状態を改善する働きも。
これらの成分をバランスよく摂ることも、美しい毛並みに必要なのです。

 

さまざまな栄養素をバランスよく含んだ良質なフードを!

 

猫の毛並みを美しく保つということは、健康で長生きすることにもつながってくることが分かりますね。
また美しい毛並みのためには、さまざまな栄養素をバランスよく摂取する必要があることもわかりました。
ですから猫のオーナーさんは、フードを選ぶ際にその成分表もしっかりとチェックすること。
どのような栄養素がどのくらい含まれているのかを把握し、愛猫の健康を保てるかどうか判断してあげることがポイント。
またフードの保存も重要なポイントです。
せっかく良質なフードをチョイスしても、保存の仕方によっては、酸化してしまうなど劣化した状態で与えることに…!
必要以上に買いだめせず、いつでも新鮮な状態で与えられるように心掛けましょう。

 

猫さんの毛並みについてもっと詳しく知ろう!

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング