ビタミン

猫とビタミンの関係とは?

 

 

可愛い愛猫には元気で長生きしてもらいたいものですよね。
実はヒトの健康と同様に、猫も、さまざまな栄養素を摂ることによって、その健康な体や、毛並みが保たれるものです。
ヒトは自分の意思や意識によって、体に必要な栄養素を考慮して食事することができますが、飼い猫の場合は、そうはいきません。
オーナーさんがチョイスしたキャットフードが、その後の愛猫の健康を左右すると言っても過言ではないのです。


しっかりと質のよいフードを選んだり、必要なビタミンがきちんと摂れるように努めてあげるべきなんですね。
では猫にとってもビタミンって必要なのでしょうか?
ヒトにはさまざまなビタミンがよい作用があることはご存じかと思いますが、猫にとってもさまざまなビタミンをバランスよく摂ることが必要なのです。
適量必要なビタミンを摂ることによって、骨や筋肉がしっかりと保たれたり、臓器や血管も健康な状態になるのです。
毎日の食事のなかで、きちんと必要なビタミン類が摂取できるようにすることが、健康で長生きの秘訣です。

 

猫に必要なビタミンとは?

ここでは猫が健康に過ごすために必要なビタミン類について、簡単に解説します。

ビタミンA

 

ヨドプシンやロドプシンの生成したり、免疫骨の吸収などに作用します。
適量摂取できていないと、成長が妨げられたり、毛並みが悪くなる、食欲減退、眼の病気などになる恐れがあります。
しかし逆に過剰に摂取してしまうと頸椎脊椎症になったり、歯が欠落したり、骨折の原因になることも。
機能

 

ビタミンB1

 

チアミンピロリン酸というもののの構成成分となったり、TCAサイクルのなかで脱炭酸酵素反応する補酵素
不足してしまうと、食欲減退や運動機能に障害がでたり、低体重、心室に異常が出る、心臓が肥大する、などといったリスクが。
逆に過剰に摂取してしまうと、血圧低下や、不整脈などになってしまいます。

 

ビタミンB2

 

酸化酵素・補酵素、・脱水素酵素などを輸送する働きがあります。
適量摂れていないと、成長が悪くなる、皮膚疾患、嘔吐、運動機能の障害、昏睡、結膜炎、脂肪肝などさまざまなリスクが!
このビタミンは過剰摂取しても、特に問題はありません。

 

ビタミンB3

 

エネルギー産生や、補酵素などの際に水素の受け渡しの作用があります。
不足してしまうと、食欲減退や成長が遅くなる、下痢、舌の病気などになる恐れが。
また過剰摂取してしまうと、ひきつけをおこしたり、血便が出たりします。

 

ビタミンB6

 

神経伝達物質を生成したり、タウリン・カルニチン・ナイアシン・ヘムを合成する働きがあります。
少ないと低体重や食欲減退、けいれんや尿管の萎縮などを引き起こすリスクが。
過剰に摂取してしまうと、運動障害などを引き起こします。

 

ビタミンB12

 

プロピオン酸ろいうものの代謝をサポートしたり、ロイシンを合成したり分解するのに役立ちます。
不足してしまうと、貧血になってしまったり、メチルマロン酸尿症などに。
逆に過剰だと、反射に異変が起こります。

 

ビタミンC

 

さまざまな部分に必要なコラーゲンや、カルニチンを合成したり、鉄分が九州するのに役立つほか、抗酸化作用があります。
実は猫は、体内で合成することもできます。

 

ビタミンD

 

カルシウムやリンなどの恒常性を保ったり、インシュリンを合成する、骨ができるのに必要であったり、免疫機能にも作用する重要なビタミン。
不足すると骨がもろくなる、折れやすくなる、肋軟骨接合部が肥大してしまうなどのリスクが。
逆に多すぎると、食欲減退、歩行障害を起こす、高カルシウム血症になるなどと言った恐れがあります。

 

ビタミンE

 

抗酸化作用があり、フリーラジカルを除去する働きがあります。
少ないと皮膚疾患や、免疫の低下、食欲減退、不妊になったりするリスクが。
しかし多すぎるのも血液凝固時間が多くなってしまいよくありません。

 

ビタミンK

 

血液凝固因子を炭酸化したり、骨のタンパク質に作用します。
不足すると血液凝固時間が増得てしまったり、出血、低プロトロンビン症などのリスクがあります。
このビタミンは過剰摂取でのリスクはありません。

 

ほかにもビタミンM(葉酸)、パントテン酸やビオチン、コリン、タウリンなど、猫にとって必要なビタミン類があります。
これらを適正な量きちんと摂れるフードをチョイスすることが、猫にとって必要です。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング