炭水化物

炭水化物は必要無い?

 

 

猫は本来、自力で生きていたころ食べていたものは、鳥やねずみなどの小動物。米などは食べていないのです。
そもそも猫は「肉食動物」ですので、実のところ「炭水化物は不要」なのです。


猫に必要なものはタンパク質!

現在のようにキャットフードが普及する以前は、飼い猫にあげるご飯は、飼い主が食べ残したものだとか、ご飯からのおすそ分けのような形で与えていました。

 

いわゆる「猫まんま」「にゃんこめし」などと呼ばれているものを想像していただけるとお分かりになると思いますが、ごはんに鰹節をかけて混ぜたものや、味噌汁をご飯にかけたものなどが与えられていたんですね。

 

猫はごはん、すなわち「炭水化物」も食べるには食べますが、実際必要なものなのか?というとこれは疑問なのですが、
ほんとうに必要なのは肉などの「たんぱく質」なんですね。

 

本来摂って食べていた動物の成分割合は?

小鳥やねずみ、とかげなのの爬虫類などが、本来は猫の主食です。
このような動物の成分割合をチェックすると、ほとんどが「たんぱく質」。
少量の「炭水化物」は含まれているものの、それはおよそ1割程度です。
そういったものを常食していたことを考えても、猫にとっては「炭水化物」はさして必要性が高くないということが分かりますよね。
極論でいえば、こういった動物の成分割合にきわめて近い比率で構成された、キャットフードがぴったり、ということになります。

 

一般的なキャットフードの成分割合は?

スーパーやホームセンターなどで売られている、比較的安価なキャットフードの成分割合をチェックしてみると、かなり大きな割合を「穀類」すなわち「炭水化物」が占めています。
多いものではこれが3〜4割程度、成分表をみるとトップから記載されている。
成分が多いものほど、先に記載するように義務付けられていますので、「炭水化物」の割合がほかの成分に比べてより多いということが分かります。
これはなぜなのかというと、猫の健康や元来の食を考慮して構成したというより、むしろ原料価格を重視して構成されているからなのです。
一般的に安価なものほど穀類の比率が高く、プレミアムフードほど肉類の比率が高くなっています。

 

ヒトも「炭水化物」=「糖質」は成人病のもとですが…?

 

少し話はずれますが、ヒトも昨今では生活習慣病である「糖尿病」というものが注目されています。
「糖尿病」というと、肥満気味のかたがなる病気、また「甘いもの」「砂糖などが多いケーキやお菓子」が頭に浮かびますが、毎日食べられている「パン」「ごはん」「麺類」などの「炭水化物」が血糖値を上げることが問題でもあるのです。
猫の場合も、昨今肥満気味の子が増えていて、ヒトと同じように「糖尿病」になってしまうケースが増えています。
安価なキャットフードが原因、とまでははっきりはしていないものの、本来肉食動物である猫が、4割近くもの比率で「穀類=淡水化物」を摂っていることも、問題はないとはいえないのかもしれません。

 

⇒ 猫には炭水化物は必要なの?

 

本来食べていた食生活に近いフードを

 

実際、肉などの「たんぱく質」を摂ることでは、血糖値を上げる心配はありません。
そう考えると、因果関係は定かではなくても、より「たんぱく質」が豊富なキャットフードを選んだほうが、本来の猫の体の健康には則しているといえますね。
コストの面からは、どうしてもたんぱく質が豊富なフードは、原材料費が高くなるものです。
高いキャットフードには、それなりのきちんとした理由が存在しているんですね。
いずれにせよ、猫が健やかに長生きしてくれることが、どのオーナーさんにとっても一番の願です。
しっかりと適切なフードをチョイスしてあげることがポイントといえるでしょう。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング