ビタミンA

目を守り皮膚粘膜を強化するビタミンA

猫さんはβカロテンビタミンAに出来なののです。

目や皮膚、骨、粘膜の健康維持に大きく関与し、特に粘膜形成を正常化することで、病原体の体内侵入を防ぎ、感染症対策に役立ちます。
犬はニンジンやカボチャに含まれるベータカロチンをビタミンAに変換する構想もっていますが、猫にはこの酵素がないため、黄色野菜の摂取ではビタミンAの供給ができないのです。
ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、食材を油でいためると吸収が良くなります。

 

不足すると粘膜が弱くなり、感染症にかかれりやすくなります。悲憤障害や目のトラブルも起こります。過剰に摂取すると急性中毒商法腰おう吐などの症状が出ることがあります通常の食生活ではまず起こりませんのでそれほど神経質になることはありません

ビタミンAが接収できるおすすめ食材

鶏レバー
豚レバー
牛レバー
うなぎ
銀だら
鶏肉(はつ)
いくら
たまご

穴子

 

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング