便秘

猫の便秘や下痢の原因と症状・便秘の場合

猫はもともと消化をするための腸が短い動物です。肉食である猫はとくに大腸が短いという特徴があります。そのため、便秘を起こしてしまうこともあるんですよ。猫の便秘の原因でもっとも負いのが水分摂取量が不足してしまっているということがあります。 水を飲むという習慣がとても少なく、猫が摂取する水分は、実はキャットフードから摂取していることが多くなります。そのため、水の摂取量があまりにも少ないと脱水になってしまい、便自体が硬くなって排便が困難になってしまうことがあります。

寒い季節などは、実は猫の脱水が起こりやすい時期なんですよ。また、腎臓病によって排尿の回数が多いと、水分を摂取しても排尿によって水分が失われてしまうために脱水になって便秘になることもあります。 頻繁に水は飲んでいるのに便秘になってしまっている場合いは、腎臓病の心配がありますので獣医師さんに相談をしてみてください。 腸や肛門の周囲に腫瘍が出来てしまうと、その痛みによっ排便をすることが出来なかったり、腫瘍自体が邪魔をして排便が出来ず、大腸に便が滞留して便から水分が失われる為に便秘になることもあります。

骨盤を骨折してしまった場合にも、骨盤腔が狭くなり便が出にくい状態になることもありますし、神経系の疾患によって腸の働き自体が悪くなり便秘になることや、排便する為の姿勢が取れずに便秘になることも愛rます。さらに、便の滞留が続くことで腸が異常に太くなる巨大結腸症と呼ばれる症状になり、自力での排便が出来なくなってしまうことがあります。この場合には手術によって便を取り除くことになります。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング