下痢 原因

猫の便秘や下痢の原因と症状・下痢の場合

 

猫はもともと腸が短く、便のトラブルは起きやすい動物でもあります。

 

猫の下痢などの原因は日常的なものと、病気や寄生虫が原因で起こるケースがあります!


猫の便で気を付ける必要があるものの一つに、下痢便があります。
猫の便は通常人の便と同様に程よい硬さですが、下痢便の場合には硬さが柔らかかったり水様便になってしまうことがあります。
この下痢便というのは腸に何かしらのトラブルがあるとおこります。
まず一般的に多い下痢の原因は消化吸収不良です。キャットフードを急激に変えてしまった場合、食べ過ぎてしまった場合などには、猫は下痢を起こしやすくなります。

また、食べたものを消化するときに使われる消化酵素が少ない場合にも、下痢は起こります。中には牛乳や乳製品を与えると下痢をしてしまう猫がいますが、これはラクターゼという消化酵素が不足していることで起こる「乳糖不耐症」という症状のために起こるんですよ。消化不良以外には、ウィルスや細菌感染によって起こる下痢もあります。
人もノロウィルスやロタウィルスなどウィルス性の胃腸風邪を起こすことがありますが、猫も同じようにウィルスや細菌によって下痢や嘔吐、発熱などを同時に起こすことがあります。
中毒によっても下痢は起こります。殺虫剤や鉛、植物のなかでも中毒を起こすものもあります。この場合には下痢だけではなく嘔吐や血便なども伴います。中毒症状が起こっている場合には、獣医師によって胃の洗浄や解毒の処置が必要になります。
もし下痢便に寄生虫がみられるようですと、寄生虫によって下痢が起こることもあります。駆虫薬などを使って早期に寄生虫の駆除が必要です。他にもアレルギーやストレスによっても下痢は起こるんですよ。

猫の下痢原因は何?

 

猫さんが体調不良の場合は、良く観察してあげて、症状が続くようでしたら早めに病院へ連れて行ってあげてくださいね。


主な下痢の原因

 

食べ過ぎ

子猫の場合には食べ過ぎが原因になることがあります。食べ過ぎて消化不良を起こしてしまうんです。

 

キャットフードを変えた時

キャットフードの種類を変えた場合にも、下痢は起こります。猫の場合、新しいキャットフードに慣れるまで数日かかるんです。

 

ストレス

ストレスによっても起こります。この辺りは人間と似ていますね。

 

発情期

発情でも実は下痢が起こります。これはホルモンバランスが関係しているようです。

 

誤飲

人の食べ物を食べたり、誤飲といって食べ物ではないものを食べてしまった場合、また薬の影響でも下痢は起こります。もっとも怖いのは誤飲です。例えば、床用ワックス、洗剤
殺虫剤などをなめてしまうことで下痢が起こることもありますよ。

 

季節の変わり目

季節の変わり目や毛が生え変わるときにも下痢は起こりやすくなります。

 

寄生虫

病気によっても下痢が起こることがあります。胃腸炎や大腸炎、ウィルス感染、細菌感染などはポピュラーなものですが、回虫や鉤虫や鞭虫などの寄生虫が原因になることも
あります。トキソプラズマやジアルジアなどの原虫によっても下痢が起こることもあります。

 

重篤な病気

リンパ腫や巨大結腸症、膵炎、IBD、LGSなどでも下痢が起こることがあります。

 

下痢の症状が気になる場合には獣医師さんに相談をしてみてくださいね。

穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!

 

ネコさんの食事はタンパク質100%が自然体!

穀物を消化分解するのが苦手なのです!

猫はもともとタンパク質だけ食べてきた(野生では)生き物です。そのため、キャットフードによく使われている穀物である(トモロコシ・小麦)は消化することが出来ないため、消化器・内臓の病気や皮膚の病気であるアレルギーの原因になります。

穀物不使用の「カナガンキャットフード」を詳しく知ってみよう!



●消化に優しいフィッシュ(魚)原料!
20年一緒を目標に開発され、年齢問わずの低カロリーキャットフード

サーモンベースの「Symply(シンプリー)」を詳しく知ってみよう!


キャットフードのこと良く知ってる?


【ココのキャットフード徹底比較】猫ちゃん安心安全美味しいご飯!トップページへ





プレミアムフードランキング 子猫用ランキング シニア猫用ランキング 肥満猫用ランキング 無添加フードランキング